「メコン圏と日本との繋がり」第3回 「辻 政信(1902年~1961年失踪)

第3回 2000年3月下旬号掲載

メコン圏に関わった日本人歴史人物
1961年国会議員のままラオスで失踪した辻政信の3回にわたるメコン圏のかかわりとは?

昭和36年(1961)年、参議院議員・辻政信は、サイゴン、プノンペン、バンコクに立ち寄り、ビエンチャンに入るが、そこで消息を絶った。そののちラオ僧に姿を変え、ビエンチャンからルアンプラバンに向う国道13号線を徒歩で北上していたことがわかり、大騒ぎとなった。東西陣営の代理戦争たる様相を示していたラオス内戦の最中に、現職の国会議員が何をしにいったのか、またそこで何が起こったのかについては、彼の消息とともに今もってはっきりした事はわかっていない。

辻政信は、1902年石川県の奥深い山村の貧家で生まれるが、陸軍幼年学校から陸軍大学まで首席あるいはトップクラスの成績を修めた。1932年上海事変で活躍し、1936年には関東軍参謀部付として満州にわたる。その後はマレー作戦、シンガポール攻略の南方戦線の参謀、更にシナ派遣軍の参謀を務めている。

辻政信のメコン圏地域との関わりはこの後に始まり、以下の3期に分類できるであろう。
(1)まずは、1944年7月ビルマ派遣軍第33軍参謀としてビルマに赴任し、ラングーン陥落から1945年タイ国駐屯軍参謀として終戦を迎えるまでの期間。
(2)次は、10年後の祖国再建に備え、イギリス軍の戦犯追及の手を逃れての潜伏・潜行の日々。最初はタイの僧に変装し、バンコクの日本人納骨堂に潜伏。その後バンコクを脱出し、バンコク=ノンカイ=ヴィエンチャン=タケク=サヴァナケット=フエ=ハノイ=昆明と、メコン圏脱出行を敢行。昆明から重慶へと潜行し、その後は南京・上海から昭和23年(1948年)帰国。戦犯容疑が昭和25年(1950年)解かれた後、国会議員に選出されている。
(3)そして最後の第3期としては、冒頭に述べたベトナム・カンボジア・タイ経由でのラオス入国後、謎の失踪事件を迎えることになる。

辻政信については、自著以外に、多くの人が紹介し、また小説にも取り上げられている。

関連記事

リニューアル公開への準備作業中

2023年2月下旬のリニューアル公開に向け、サイト再構成の準備作業中です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 石寨山古墓群遺跡

    2002年3月掲載 雲南古代の滇王国とその青銅器文化の存在を2千年以上の時を経て実証した王墓群発見…
  2. メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」(伴野 朗 著)

    メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」 「九頭の龍」 著書:伴野 朗  徳間文庫、199…
  3. 雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん)

    論考:雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん) 中国雲南省西双…
  4. 馬 登雲

    2001年9月掲載 昆明の回族出身の革命活動家。1927年に共産党に入党し19歳で刑死  (191…
  5. メコン圏を描く海外翻訳小説 第16回「おとなしいアメリカ人」(グレアム・グリーン著、田中西二郎 訳)

    アメリカの対アジア政策を批判したものと受けとめられ世界的に話題となった、第1次インドシナ戦争中の…
  6. コラム(江口久雄さん)「メコン仙人たより」 第12話 「倭国の遣使」

    コラム(江口久雄さん)「メコン仙人だより」 第12話 「倭国の遣使」 〈前漢末期、倭の百余国によ…
  7. 調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)

    「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)第1章 雲南を離れてどれくらいたったか。…
  8. バー・モウ

    2000年10月掲載 ビルマ民族運動の先駆的指導者で、元ビルマ国家元首 バー・モウ 1893年~…
ページ上部へ戻る