サイト開設と経緯

サイト開設と経緯
1997年秋、新卒入社した伊藤忠商事(株)を赴任先のタイ・バンコクにて、14年半の勤務後に退社し、邦字紙「バンコク週報」を運営していた現地出版メディア会社に転職。1998年、「バンコク週報」にて、「魅惑のメコン圏」と題して、特集記事を執筆するとともに、その後、メコン圏関連記事を掲載していくと同時に、「メコン圏同好会」を立ち上げ、メコン圏に関心を持つ人たちでのコミュニティを作っていくことに。→詳細はこちら。

その後、1999年1月末で、タイの現地出版メディア会社を退職し、1999年末、日本に帰国。日本での無職期間の2000年1月10日に、毎月1~2回発行するWEBマガジン形式で、本サイトの前身となる「メコンプラザ」(URLは同じで変更なし)を開設。

2000年1月のサイト開設、2006年後半の実質一旦停止、そして2023年2月再開へ
その後、2000年秋から、東京で、放送・音楽関連の会社での勤務をすることになっても、「メコンプラザ」の運営更新は継続していたが、2006年夏から会社での仕事の立場や業務内容が大きく変わることになり、「メコンプラザ」の運営更新を継続的に行うのが実質困難となり、また、サイト開設当初に比べ、ネットを取り巻く環境も大きく変わり、サイト作成や運営の在り方も変化が激しいこともあり、約7年の「メコンプラザ」運営更新は、一部のマイナー更新を除き、実質、2006年後半には、一旦停止となる。

16年の時を経て、2022年5月末に、全ての会社生活を退いたこともあり、再び、「メコンプラザ」をサイト作成を抜本的に作り直し、2023年2月20日より、「メコンプラザ」を再始動させることにしたもの。⇒サイト開設背景と経緯についての詳細は、別ページに掲載。

おすすめ記事

  1. メコン圏に関する中国語書籍 第4回「腾冲史话」(谢 本书 著,云南人民出版社)

    メコン圏に関する中国語書籍 第4回「腾冲史话」(谢 本书 著,云南人民出版社 ) 云南名城史话…
  2. メコン圏を舞台とする小説 第41回「インドラネット」(桐野夏生 著)

    メコン圏を舞台とする小説 第41回「インドラネット」(桐野夏生 著) 「インドラネット」(桐野…
  3. 調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)

    「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)第1章 雲南を離れてどれくらいたったか。…
  4. メコン圏題材のノンフィクション・ルポルタージュ 第24回 「激動の河・メコン」(NHK取材班 著)

    メコン圏題材のノンフィクション・ルポルタージュ 第24回 「激動の河・メコン」(NHK取材班 著) …
  5. 雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん)

    論考:雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん) 中国雲南省西双…
  6. メコン圏が登場するコミック 第17回「リトル・ロータス」(著者: 西浦キオ)

    メコン圏が登場するコミック 第17回「リトル・ロータス」(著者:西浦キオ) 「リトル・ロー…
  7. メコン圏を描く海外翻訳小説 第15回「アップ・カントリー 兵士の帰還」(上・下)(ネルソン・デミル 著、白石 朗 訳)

    メコン圏を描く海外翻訳小説 第15回「アップ・カントリー 兵士の帰還」(ネルソン・デミル 著、白石 …
  8. メコン圏の写真集・旅紀行・エッセイ 第19回「貴州旅情」中国貴州少数民族を訪ねて(宮城の団十郎 著)

    メコン圏の写真集・旅紀行・エッセイ 第19回「貴州旅情」中国貴州少数民族を訪ねて(宮城の団十郎 著)…
  9. メコン圏対象の調査研究書 第26回「クメールの彫像」(J・ボワルエ著、石澤良昭・中島節子 訳)

    メコン圏対象の調査研究書 第26回「クメールの彫像」(J・ボワルエ著、石澤良昭・中島節子 訳) …
  10. メコン圏現地作家による文学 第11回「メナムの残照」(トムヤンティ 著、西野 順治郎 訳)

    メコン圏現地作家による文学 第11回「メナムの残照」(トムヤンティ 著、西野 順治郎 訳) 「…
ページ上部へ戻る