「シャン州東部(チェントン・モンラー)旅行記」(森 博行さん)第3編「チェントンの市場」

シャン州東部(チェントン・モンラー)旅行記」(森 博行さん)
第3編 チェントゥンの市場

森 博行:
京都府京都市在住(寄稿時)。ビルマ(現ミャンマー)シャン州を訪れる(2002年4月)。「消え去った世界 ~あるシャン藩王女の個人史」(ネル・アダムス著、森 博行 訳、文芸社、2002年8月発行)訳者

第1編:チェントゥン到着までの途
第2編:チェントゥン到着初日
第3編:チェントゥンの市場
第4編:博物館と寺院
第5編:チェントゥン郊外の山岳民族
第6編:中国国境の町モンラーへの道
第7編:モンラーの町と中国とのかかわり
第8編:モンラーからタチレークを経てタイへ出国

(2002年)4月24日、ホテルの朝食はフライドエッグとトースト。泊まり客は他に二組ぐらい。バイク改造の三輪タクシーを止めて、市場に。市内料金は200チャット(約32円)らしい。
写真:市場、野菜

写真:市場、おこわ?

市場はかなり広く(横幅200メートル、奥行き150メートルほどの区画)、食料品から金物、衣料、日用雑貨、文房具、両替商、金行までほとんど全てのものがある。正面側の道路から入ると屋根付きの店舗が並び、奥の方は屋根無しの露店で生鮮食料品の店という配置。大まかに商品ごとの区画分けがされている。山地民の姿も散見される。
写真:市場、豆類
   

野菜や果物の種類は豊富だが、米を売る店は少なくほとんど白米。魚を腐らした調味料を売るあたりには強烈な異臭が漂う。調理済みの米製品(おこわのようなもの)に、黄色や小豆色のもち米がある。精肉売場は屋根付きの囲みがされた一区画。

市場内の軽食コーナーは、米製の麺類で、スープと具(肉団子とか豚の煮込みとか)に店ごとの違いがある様子。乾電池とか文具は中国製が主流で、質は良くない。衣料品、日用雑貨も多くは中国製。茶を大量に置いている店は一軒だけで、半発酵のウーロン茶。
写真:市場、茶

山地民は歩く速度が速い。
写真:市場、黒服の山地民

写真:市場、金物屋の店先の山地民

(C)森博行 2002 All rights reserved.

関連記事

おすすめ記事

  1. 雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん)

    論考:雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん) 中国雲南省西双…
  2. メコン圏に関する中国語書籍 第4回「腾冲史话」(谢 本书 著,云南人民出版社)

    メコン圏に関する中国語書籍 第4回「腾冲史话」(谢 本书 著,云南人民出版社 ) 云南名城史话…
  3. 調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)

    「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)第1章 雲南を離れてどれくらいたったか。…
  4. メコン圏現地作家による文学 第11回「メナムの残照」(トムヤンティ 著、西野 順治郎 訳)

    メコン圏現地作家による文学 第11回「メナムの残照」(トムヤンティ 著、西野 順治郎 訳) 「…
  5. メコン圏が登場するコミック 第17回「リトル・ロータス」(著者: 西浦キオ)

    メコン圏が登場するコミック 第17回「リトル・ロータス」(著者:西浦キオ) 「リトル・ロー…
  6. メコン圏対象の調査研究書 第26回「クメールの彫像」(J・ボワルエ著、石澤良昭・中島節子 訳)

    メコン圏対象の調査研究書 第26回「クメールの彫像」(J・ボワルエ著、石澤良昭・中島節子 訳) …
  7. メコン圏を舞台とする小説 第41回「インドラネット」(桐野夏生 著)

    メコン圏を舞台とする小説 第41回「インドラネット」(桐野夏生 著) 「インドラネット」(桐野…
  8. メコン圏の写真集・旅紀行・エッセイ 第19回「貴州旅情」中国貴州少数民族を訪ねて(宮城の団十郎 著)

    メコン圏の写真集・旅紀行・エッセイ 第19回「貴州旅情」中国貴州少数民族を訪ねて(宮城の団十郎 著)…
  9. メコン圏を描く海外翻訳小説 第15回「アップ・カントリー 兵士の帰還」(上・下)(ネルソン・デミル 著、白石 朗 訳)

    メコン圏を描く海外翻訳小説 第15回「アップ・カントリー 兵士の帰還」(ネルソン・デミル 著、白石 …
  10. メコン圏題材のノンフィクション・ルポルタージュ 第24回 「激動の河・メコン」(NHK取材班 著)

    メコン圏題材のノンフィクション・ルポルタージュ 第24回 「激動の河・メコン」(NHK取材班 著) …
ページ上部へ戻る