論考「遥かなるメコンを越えて ナーンの旅、そしてプーミン寺壁画」⑩

論考「遥かなるメコンを越えて ナーンの旅、そしてプーミン寺壁画」
第6章 ナーンへの道 その3(パヤオ、チェンムアン ルート)前編

(蔵屋敷滋生 くらやしき・しげお 投稿時:出版社役員,59歳、千葉県柏市在住)

(写真下: パヤオ湖でのソンクラーン風景)

長々と「ナーンへの道」を紹介しました。そろそろ本題に入ります。話は今年(2001年)の2月9日から15日までのナーン紀行である。ただし、行きと帰りにチェンマイにそれぞれ1日しか滞在しないので、ほとんどはナーンとプアの話となる。そのうち今回は、ナーンのワット・プーミン壁画についてDavid K.Wyatt『Temple Murals as an Historical Source  The Case of Wat Phumin,Nan』を要約して紹介しようと考えている。

もちろんプーミン寺の壁画を解説している書籍でボクが知る(正確には知らされた)唯一のもの、との理由で紹介するに過ぎない。つまり「最も権威ある解説書」なんて判断したわけではない。したがってプーミン壁画を別の視点から調査したものがあって、まったく別の解釈がされていてもいいと思う。D.K.ワヤット氏がプーミン壁画解説の先駆者であるS.シマトラン氏の著作を批判しているように、先人の功績を踏まえて研究した「後発の人」が有利に決まっていると思うからだ。学問は「積み重ね」と言われるのもそういう意味だと思う。だから学者は「自説に謙虚」でなければならないのです。長い間、出版界で働いていると、そんな余計なことまで考えてしまう。

最後に真実に到着すればそれでいいのではないでしょうか。ただ、ワヤット氏が「タイ族の歴史」からプーミン壁画を見つめ直した視点に賛意を称したい。ややもすると芸術的な側面(色彩、技法、時代考証など)だけで終わってしまう壁画の研究を、文学(ジャータカ物語)、歴史(年代記など)の3点から調査・研究し、論文にまとめ上げた功績は評価されていい。そして何よりもボクがナーンで感じていたことと、ワヤット氏が到達した壁画が示す「結論」が似ていたという点に共感した(彼が指摘する「直接の原因」は大いに疑問であるが)。むろん全面的に承諾しているわけではない。疑問を禁じ得ない面も多々ある。そのことについては本文の最後にまとめることにする。そんなことが本書を紹介しようと思ったいきさつである。本題までもう少し時間をちょうだいしボクのナーンの話を続けたい。

なお、ナーンまではチェンマイから飛行機の手もある。時間の無い方には便利だ。しかしボクは、道中人とのふれあいができない、そこに住む人の顔がみえない、なんといっても途中下車が適わない、などでいつもパスしている。つまり空からの風景も捨てがたいが、「生活」が見えないので好きでないのだ。はっきり言えば嫌なのだ。旅の醍醐味は、そこに住む人との「交流」、「ふれあい」にあると思っている。たとえ通り過ぎるだけの旅でも跳び越して行きたくはない。

再び話はチェンマイに戻る。せっかくナーンに着いたのにと思わないでください。まだ2月10日にチェンマイの定宿を出たところです。最初に紹介した通り最も近いルートといってもナーンまでは338キロ、約6時間の行程です。アッチコッチと止まったり、訪れたりするから10時間はかかるでしょう。それほどこのルートはお楽しみどころに富んでいるのです。

(写真:チェンマイ→メカチャンで右折。ワンヌアでブレイクタイム)
ルートはチェンマイから118号線でチェンライ方面に向かい、約50キロ先のメカチャンで右折し、120号線をパヤオ方面に東進。山裾を巡る快適なドライブになるはずが、区間の一部が幅員拡張工事のためラテライトの土埃に見舞われる(今年の2月央現在)。遠くの山々や突然の滝など眺めながら約64キロでバンコク→チェンライを結ぶ国道1号線に出る。ここを左折するとパヤオ市内まで16キロ。だが、市内に入る途中で左折・1021号に方向転換する。ここまででもチェンマイ、チェンライ、ランパーン、パヤオのチャンワットをスルーしたことになる。

パヤオ湖では昨年4月のソンクラーン時に大変な目にあった。車のドアと窓もきっちりと閉めていたのに、放水の集中で車内はグッショリ、フロントガラスはカラーペイントされていた。とにかく投げかける水は湖の側だからふんだんにある。とてもお釈迦様の気分にはなれず、終始閻魔顔にならざるをえなかった。どうやらこの年になっても「人間未完成」であるらしい。

(写真: パヤオ。ワット・シー・コム・カム。北対最大の大仏を奉る本堂。)
パヤオ湖岸には1491年創建の荘厳なワツト・シー・コム・カムがある。北部最大の身長17メートルの大仏様が鎮座ましますが、ボクは境内に転がる首のない石仏に興味を持っている。この地は伝承によると11世紀末にチェンセンの王族によってムアン(緩やかな部族連合体)・パヤオとして建国された。13世紀にンガムムアン王は、北のムアン・チェンマイ、南のスコータイ王国と連合し、ナーンを支配した時代もあつた。だがまだ全行程の半分しか来ていないので先を急ごう。パヤオ国が気になる人のために下記のHPを紹介しておきたい。

メコン圏の地方に触れあう パヤオ県(その1) http://www.bangkokshuho.com/articles/mekon/mekon823.htm

関連記事

リニューアル公開への準備作業中

2023年2月下旬のリニューアル公開に向け、サイト再構成の準備作業中です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」(伴野 朗 著)

    メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」 「九頭の龍」 著書:伴野 朗  徳間文庫、199…
  2. 調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)

    「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)第1章 雲南を離れてどれくらいたったか。…
  3. メコン圏を描く海外翻訳小説 第16回「おとなしいアメリカ人」(グレアム・グリーン著、田中西二郎 訳)

    アメリカの対アジア政策を批判したものと受けとめられ世界的に話題となった、第1次インドシナ戦争中の…
  4. バー・モウ

    2000年10月掲載 ビルマ民族運動の先駆的指導者で、元ビルマ国家元首 バー・モウ 1893年~…
  5. 雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん)

    論考:雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん) 中国雲南省西双…
  6. 石寨山古墓群遺跡

    2002年3月掲載 雲南古代の滇王国とその青銅器文化の存在を2千年以上の時を経て実証した王墓群発見…
  7. 馬 登雲

    2001年9月掲載 昆明の回族出身の革命活動家。1927年に共産党に入党し19歳で刑死  (191…
  8. コラム(江口久雄さん)「メコン仙人たより」 第12話 「倭国の遣使」

    コラム(江口久雄さん)「メコン仙人だより」 第12話 「倭国の遣使」 〈前漢末期、倭の百余国によ…
ページ上部へ戻る