調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)

「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)第1章

雲南を離れてどれくらいたったか。僕は約4年、中国雲南省の大学に留学し、その身分を利用しつつ、少数民族の楽器、“ひょうたん笛”を追い求めてきた。

思うところがあって雲南を後にし、タイのチェンマイにやって来た。  最近チェンマイで新しい友人を得た。音楽をともに奏でられる友人たち。型にはまらない、自由なタイの国民性と同じように、彼らが奏でる音楽も型にはまらない。一人一人が曲のイメージを崩さないように、そして自由に奏でる。友人たちはグループを組んで演奏している。北部タイでは結構有名なグループらしい。伝統音楽を演奏するだけでなく、音楽以外のジャンルのアーティストと積極的にイベントを行い、新しい試みを続けている。

何度か彼らとステージで演奏した。同じように、型にはめない、即興で。そして、彼らは自分が吹くひょうたん笛をみて、「噂には聞いたことがある」とシャンステイト(ビルマ)-タイ国境近くの村に住むタイヤイ族の老人を紹介してくれた。その老人を訪ねればこのひょうたん笛について何かわかるだろうという。

2ヶ月前、チェンマイ大学の図書館でタイヤイ族の音楽に関する資料を見つけた。それは21年前の古いものだった。そこにタイヤイ族の“うた”の種類や楽器についての簡単な紹介があった。もちろんそこに”ひょうたん笛”も記されていた。日を改めて、僕はその資料を書いた先生に会った。

最近、先生は師範大学を退職し、農園で果物を作ったり、植木鉢に水をやったりして静かに暮らしていた。この人はタイ国側で育ったタイヤイ族だった。まだ流暢にしゃべれない自分のタイ語にもじっと耳を傾けて聞いてくれた。

「その昔、ひょうたん笛を二度買ったことがあった。結局思うように吹くこともできなかった。」
「今でも誰かこの笛を作れる人はいますか。」
「一人いた。ずいぶん前に死んでしまった。」
「吹ける人はいませんか。」
「いるだろう。君はタイヤイ族の村に行くべきだよ。」

そして、この人はゆっくりとうたを歌いだした。

ふと、僕は聴きなれたメロディーに気がついた。「これは昔タイマオ族の友人に習った古い歌だ。ロンコンという。そしてタイヤイ族にも同じ名の歌がある。」と、続けて歌いだした。

ロンコン”、それは雲南省の西の地で探し続けていたタイヌア族の“古調”に似ていた。そして、それは自分が雲南省の西の果て、タイマオ族の村でみつけられなかった歌、“ロンホン”そのものだった。「古い歌だ、その笛で吹くのが最も美しいんだよ。」思いもしなかった。タイでその歌を聴けるとは。これは偶然なのだろうか。

この笛のおかげで、チェンマイで遥か雲南で失われようとしている音楽に出会えた。  僕は近いうち必ず国境近くの村に行くことを決心した。 ロンコン、ロンホン—-「サルウィン川(の流れ)」の意。  

 (C)伊藤 悟 2002 All rights reserved.  

関連記事

リニューアル公開への準備作業中

2023年2月下旬のリニューアル公開に向け、サイト再構成の準備作業中です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. メコン圏を描く海外翻訳小説 第16回「おとなしいアメリカ人」(グレアム・グリーン著、田中西二郎 訳)

    アメリカの対アジア政策を批判したものと受けとめられ世界的に話題となった、第1次インドシナ戦争中の…
  2. 調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)

    「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)第1章 雲南を離れてどれくらいたったか。…
  3. 石寨山古墓群遺跡

    2002年3月掲載 雲南古代の滇王国とその青銅器文化の存在を2千年以上の時を経て実証した王墓群発見…
  4. 馬 登雲

    2001年9月掲載 昆明の回族出身の革命活動家。1927年に共産党に入党し19歳で刑死  (191…
  5. メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」(伴野 朗 著)

    メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」 「九頭の龍」 著書:伴野 朗  徳間文庫、199…
  6. バー・モウ

    2000年10月掲載 ビルマ民族運動の先駆的指導者で、元ビルマ国家元首 バー・モウ 1893年~…
  7. 雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん)

    論考:雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん) 中国雲南省西双…
  8. コラム(江口久雄さん)「メコン仙人たより」 第12話 「倭国の遣使」

    コラム(江口久雄さん)「メコン仙人だより」 第12話 「倭国の遣使」 〈前漢末期、倭の百余国によ…
ページ上部へ戻る