調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」⑤(伊藤 悟さん)

「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」⑤(伊藤 悟さん)第5章

さて、芸術学院の教授と僕はひょうたん笛のエン先生の故郷に着くと、早速ひょうたん笛を吹くのが一番上手いといわれている人や、歌手を探した。 村人が僕らをある家に案内してくれた。家の中にはいると、地面を掘って造ったいろりの側で独眼の老人が座っていた。


この老人がエン先生の師であるという。年は50歳後半といったところか、農村部ではすでに老人として尊まれる年齢である。その老人がエン先生の消息を知らないかと心配そうに尋ねてきた。家族も村人たちも長い間エン先生がどうしているか知らないという。村人たちの間では死んでしまった、とまで噂されていた。

僕は「エン先生の生徒です」と言いたかった。教授は耳元で「いわないほうがいい」とつぶやいた。おいおいわかっていくのだが、エン先生には複雑な事情があったのだ。  この老人が作ったという笛がいくつか机の上にあった。僕は無造作に吹いてみると、おじいさんは驚いたように「日本人のおまえさんが吹けるのかい」といった。

この時、僕は先生の師を目の前にして、何一つ言い出せなかった。僕らは老人にひょうたん笛で“古調”を吹いてもらった。何か語り掛けてくるような、旋律という枠を超えた何かがその曲には含まれていた。明らかにエン先生が吹く“古調”と似ているメロディー。でも、この老人とエン先生の吹く“古調”は含まれているものが違う気がした。

エン先生はひょうたん笛で“古調”を吹き、音楽のすばらしさを教えてくれた。この老人はひょうたん笛で“古調”を吹き、僕らに物語を語っているようだった。でも、震えも、感動も、何の感情も湧いてこなかった。なぜだろう、僕はずっと無心だった。 ただ、また戻ってくる、僕はそんな気がした。

村から戻り、僕はエン先生にこの老人が吹いた“古調”の録音を聴かせた。エン先生がブルっと震えた。僕もそれを見て震えた。先生は「これが本当の“古調”だ。この人以上の“古調”はない」と言って、黙ってしまった。

それから1年かどのくらいかたって、先生が里帰りをした。わずかな間でこの人は楽器を売り、演奏し、名を上げた。胸を張って里帰りしたのだと思う。 先生が村から戻ってきて、ある日、僕はいつものように先生がひょうたん笛を作っているのを横で座って見ていた。先生がふと手を止め、顔を上げて窓の外を見た。僕もつられて窓の外を見た。

「あの老人が死んだ。もうあの“古調”を聴くことはできない。」 僕に苦笑いして見せた。先生は刀を手にとり、また楽器を作りはじめた。

僕が村を去って間もなく、老人は病気になり亡くなったのだという。僕はあの時、先生の師を前にして僕が生徒であることすら言えなかった。そしてそのことを伝える機会も、あの“古調”を聴く機会も永遠に、二度とは来ないのだ

(C)伊藤 悟 2002 All rights reserved.

関連記事

リニューアル公開への準備作業中

2023年2月下旬のリニューアル公開に向け、サイト再構成の準備作業中です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)

    「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)第1章 雲南を離れてどれくらいたったか。…
  2. 石寨山古墓群遺跡

    2002年3月掲載 雲南古代の滇王国とその青銅器文化の存在を2千年以上の時を経て実証した王墓群発見…
  3. メコン圏を描く海外翻訳小説 第16回「おとなしいアメリカ人」(グレアム・グリーン著、田中西二郎 訳)

    アメリカの対アジア政策を批判したものと受けとめられ世界的に話題となった、第1次インドシナ戦争中の…
  4. 馬 登雲

    2001年9月掲載 昆明の回族出身の革命活動家。1927年に共産党に入党し19歳で刑死  (191…
  5. 雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん)

    論考:雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん) 中国雲南省西双…
  6. コラム(江口久雄さん)「メコン仙人たより」 第12話 「倭国の遣使」

    コラム(江口久雄さん)「メコン仙人だより」 第12話 「倭国の遣使」 〈前漢末期、倭の百余国によ…
  7. メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」(伴野 朗 著)

    メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」 「九頭の龍」 著書:伴野 朗  徳間文庫、199…
  8. バー・モウ

    2000年10月掲載 ビルマ民族運動の先駆的指導者で、元ビルマ国家元首 バー・モウ 1893年~…
ページ上部へ戻る