論考「遥かなるメコンを越えて ナーンの旅、そしてプーミン寺壁画」⑫

論考「遥かなるメコンを越えて ナーンの旅、そしてプーミン寺壁画」
第7章 いよいよ  ナーンの地へ  前編

(蔵屋敷滋生 くらやしき・しげお 投稿時:出版社役員,59歳、千葉県柏市在住)


(写真:ナーンのタラート。今日はバレンタインディ。花屋さんが繁盛)
ナーン市内の見所は5カ所。まずのんびりすること。設問と答えの間に関連性がないようにお思いだろうが、そうではない。小さい街だからのんびり散策してください、という意味である。そうすれば急いでいたときと違ったシーンが見えてくる。住む人と同じ歩調で歩くことが大切で、そのことで街にとけ込めるでしょう。商店で話しかけてみたり、少し覗き見しても構わないと思います。もともと「観光」とは人の生活を覗き見する面もあるのだから。自分を街に同化させたらゆっくりと出かけましょう。

(写真:ワット・プーミン。東の正面から。白壁と3層屋根)
さぁ、ワット・プーミンへ。市内の中央にあるので歩いてどうぞ。付近の市役所内にはTATもある。職員はえらく親切です。街中には英語の案内表示が随所に設置されて迷うことはない。プーミン寺は意外と小さいです。大きなチェデイなどありません。入口は四方にあって正門の東にはナーガの頭部、西に尾部が本堂を挟むように長く伸びている。白亜の壁と造形美に驚くはずです。まず扉の彫刻の素晴らしさに目を見張る。繊細にして華麗そして重厚。建立は1592年、オーラチャウ・チェタプトラ・プローミン王の時代、ただし現在の建物は1867年に再建されたもの(案内板に表示)。

(写真:ワット・プーミン。入口扉の透かし彫り)
本堂(布薩堂)には巨大な四面仏が微笑みかけている。お目当ての壁画は四方の壁に。これでようやく壁画に対面できました。堂内の円柱は12本、黒地に繊細な金色、上部は朱に金色模様が目映い。本尊はスコータイ様式の影響が強いといわれる。やや不思議な四面仏はラオスに見られるものだ。

(写真:ワット・プーミン。ご本尊の四面仏、壁画は四方の壁に)
ここまでやって来た甲斐があったとお思いになるでしょう。半日ここにいても飽きないはずです。休日でもないかぎり地元の人はいません。お坊さんも本堂にいることもありません。完全に解放されています。時の流れを忘れゆっくりとお過ごしください。そして壁画の一つ一つを丹念に見ることをお薦めします。せっかくここまでやって来たのですから。時間など気にせず、時空を越えた100年以上前の生活に浸ってください。隠れていた本当のタイがみえてくるはずです。なにも慌てることはありません。あなたはすでにナーンにいるのですから……。

壁画の意味についてはDavid K.Wyatt教授の『Temple Murals as an Historical Source  The Case of Wat Phumin,Nan』を意訳して紹介します。それまではナーンの名勝地巡りにもう少しお付き合いください。

(写真:ナーン川の東岸。ワット・プラタート・チェーヘーンの巨大なナーガ)

(写真:チェーへーンの2つのチェディ。奥が仏舎利塔)
さらにナーン川を渡った対岸にあるワット・プラタート・チェーヘーンも必見です。金色に輝くチェデイまで巨大なナーガが案内役をつとめてくれるでしょう。ボクはこのサイトの目次に登場するナーガはここのものだと思っている。1355年、ンガムムアン王(先述したパヤオと同名です)の時代に創建された仏舎利塔です。本堂の五層屋根も均衡のとれた美しさに首が痛くなるほどです。北タイの寺院を訪れたとき、まず感嘆の声をあげるのは屋根の美しさではないでしょうか。チェデイ、本堂ともラオスの影響がよみとれる。もともとナーン国はラオスのルアンパバーン王国とは強い絆で結ばれていたのでしょうか。そんな気がします。本堂の本尊はラーンナー様式のものです。

(写真:チェーへーンのご本尊。静かに時が流れる)
もう一度市内に戻ってワット・チャンカム・ウォラウィハーンの本堂裏のチェディに注目してください。この寺院の建立は1406年です。基壇に24頭の象をあしらったラーンナー様式のものです。象の数はチェンマイのワット・チェンマン(1298年建立)の16頭よりも多いのです。

(写真:ナーン博物館。ナーン様式のブッダとの説明)

(写真:ナーン博物館。ガルーダがナーンの至宝・黒象牙を捧げる)
その側にナーン国立博物館があります。ナーンの第63代領主パリットデートの屋敷を一部解放したもので、ナーンの至宝・黒象牙が2階の別室に展示されている。板張りの床に趣を感じる。仏像などはスコータイ様式のものが多いのですが、なかにランサン、ラーンナーとかチェンセン様式もあって、ナーンの文化が混在している様がよく分かる。ナーン様式の仏像は見落とさないでください。細面のスリムな仏様です。

(写真:モーンドーイ山に建つワット・カオノーイ)
モーンドーイ山の頂に立つワット・カオノーイ仏塔もお薦めします(ナーン朝はカーオ朝ともいいます)。モーンの様式を残すといわれる。100年以上前に修理されたとのことだが創建時は不明だそうです。

(写真:ワット・カオノーイのハリプンチャイ様式のチェディ)

ここからは徒歩で30日のルアンパバーンにはモーン寺院があるのですから、なんら不思議はありません。むしろ「タイ族」が移住する以前にはモーン文化が栄えていたの知れません。山頂からナーン市内が一望できます。ナーン川の西岸に沿って市内が開けた様がよく分かります。博物館などの詳細は以下のサイトでどうぞ。

(写真:モーンドーイ山に建つワット・カオノーイ)

       メコン圏の地方の魅力・ナーン県 http://www.bangkokshuho.com/articles/mekon/mekon867.htm

関連記事

リニューアル公開への準備作業中

2023年2月下旬のリニューアル公開に向け、サイト再構成の準備作業中です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. コラム(江口久雄さん)「メコン仙人たより」 第12話 「倭国の遣使」

    コラム(江口久雄さん)「メコン仙人だより」 第12話 「倭国の遣使」 〈前漢末期、倭の百余国によ…
  2. メコン圏を描く海外翻訳小説 第16回「おとなしいアメリカ人」(グレアム・グリーン著、田中西二郎 訳)

    アメリカの対アジア政策を批判したものと受けとめられ世界的に話題となった、第1次インドシナ戦争中の…
  3. 石寨山古墓群遺跡

    2002年3月掲載 雲南古代の滇王国とその青銅器文化の存在を2千年以上の時を経て実証した王墓群発見…
  4. 馬 登雲

    2001年9月掲載 昆明の回族出身の革命活動家。1927年に共産党に入党し19歳で刑死  (191…
  5. メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」(伴野 朗 著)

    メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」 「九頭の龍」 著書:伴野 朗  徳間文庫、199…
  6. 雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん)

    論考:雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん) 中国雲南省西双…
  7. バー・モウ

    2000年10月掲載 ビルマ民族運動の先駆的指導者で、元ビルマ国家元首 バー・モウ 1893年~…
  8. 調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)

    「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)第1章 雲南を離れてどれくらいたったか。…
ページ上部へ戻る