論考「遥かなるメコンを越えて ナーンの旅、そしてプーミン寺壁画」⑧

論考「遥かなるメコンを越えて ナーンの旅、そしてプーミン寺壁画」
第4章 ナーンへの道 その1(ランパーン・ルート)

(蔵屋敷滋生 くらやしき・しげお 投稿時:出版社役員,59歳、千葉県柏市在住)

(写真下: 悠久なるメコンの流れ、チャムロン付近)

もう一つは豪華お薦めコースである。チェンマイ→ナーン間をわざわざビルマ、ラオス国境に出てから国境沿に2泊3日で走破するものだ。時間的に余裕があればこっちの方が断然面白いし、波乱に富んだ旅も期待できる。なんと言ってもタイ・ラオス国境を隔てるメコンを満喫できるのもいい。

  『竜王のメコン河』をお読みになった方は、幻のプーリ族の村に通じる洞窟、突然出現する「竜王プーリサット」の情景がメコンの流れと共に実感できるはずだ。むろんチェンマイ美人の文化人類学者・キムさんを見つけるのは困難だが、小説にナーンが登場するのはうれしい。
『竜王のメコン河』関連テーマ情報・ワード

http://www.mekong.ne.jp/directory/nagamekong/backnumber.htm


(写真: 2001年2月11日、メーサイ国境)
初日はチェンマイ→チェンライ→メーサイ→チェンセーン→チェンコンまでの260キロ。山、谷、平野、ラーンナーの遺跡、そしてメコンの景観が楽しめる。チェンセンでは最初のムアン=タイ族連合集団(ラオス・ルアンパバーンに建国したランサン王国の属国との説もある?)遺跡、名刹・ワット・パーサック(14世紀前半の寺跡。仏塔はラーンナー以前のハリプンチャイ様式に似る)、ワット・チェディルアン(14世紀後半。仏堂と仏塔があるだけだが、仏塔はビルマ様式である八角形基壇の重厚なもの)を見学しながらの旅は、タイの田舎を満喫し、贅沢で感動の一日を保証します。

(写真左:チェンセーン 苔むすワット・チェディルアン)
メコンの流れは、ソップルアクのワット・プラタート・プックハオの境内から見るのが一番でしょう。頂上までは車でも行けるが、ここは是非ナーガの階段を登って行くことをお薦めします。階段の途中で振り向けばメコンが、丘の上から「ゴールデントライアングル」の絶景が一望でき、メコンを高いところから満喫できる。

(写真:チェンコン メコンが「gate to indo-china」)

チェンセーンを後に、車はメコンに沿ってソップクック、スアンドック、サラビューと景勝地を巡る。メコンの流れが所によって景観、表情を変えてくれるのが楽しめる。そしてメコンの夕日はチェンコンのリバーサイド飯屋でどうぞ。ただし、太陽はタイ側に降りるので、メコンに沈む夕日はラオス・フェサイからでないと拝めません。対岸のラオスの灯りを見ながらのビールは格別です。ゲストハウスはたくさんありますので寝る分には困りません。


(写真:チェンコン 対岸はラオス・フェーサイ)
2日目はチェンコンを早めに出て1020号線をいったん南下、タチャロエンから1155線を北上しウィェンカーンに。ここで再びメコンに出会うことができる。ツーリストに遭遇することはない。居住民のほとんどはモン族(Hmong)の皆さんです。国境の最果てですから反転して南下。つまり北部でメコンがタイ・ラオス国境となる最後のポイント(ビェンゲーン)でもあります。この先、メコンはラオス領を流れ、再びタイ・ラオス国境となるのは東北部のセーナーカム(ローイ県チェンカーン)まで下らねばならない。なぜこの地でメコンが国境でなくなるのか、このことが大きな意味を持ってきます(シャムとフランスの間で交わされた領土割譲条約が関係)。覚えておいてください。

 
(写真: いざ、プーチーファーへ。パターン峠の茶屋)
このコースはこれからがハイライトです。1155線をパンハットまで行き、再びラオス国境のパターンに東進、そこから国境沿いにプー・チー・ファーへ尾根伝いに山道を進みます。一本道ですから迷うことはありませんが、雨季の車での通行は不可能でしょう。進行左側はラオス国境となる山塊。右手の視界は、かなりの悪路を補って余りある180度パロラマの連続です。


(写真: 山裾の道を進む。180度のパノラマ)
この地域には今でも中国・雲南省からの移住民が続いているそうです。パターンでは漢字の筆談が可能でした。プー・チー・ファーまでの景観 (山頂までは約1時間のきつい山登りが必要です) に満足しましたら、山から下って再び1155線に。途中に大きなモンの村がいくつかあります。合流点から約40キロでチェーンカムです。この付近では、最も大きな街です。昼食でも摂りながら一休み。

(写真:プーチーファー(1721m)への登山口。 あいにくの霧)

関連記事

リニューアル公開への準備作業中

2023年2月下旬のリニューアル公開に向け、サイト再構成の準備作業中です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. バー・モウ

    2000年10月掲載 ビルマ民族運動の先駆的指導者で、元ビルマ国家元首 バー・モウ 1893年~…
  2. 石寨山古墓群遺跡

    2002年3月掲載 雲南古代の滇王国とその青銅器文化の存在を2千年以上の時を経て実証した王墓群発見…
  3. メコン圏を描く海外翻訳小説 第16回「おとなしいアメリカ人」(グレアム・グリーン著、田中西二郎 訳)

    アメリカの対アジア政策を批判したものと受けとめられ世界的に話題となった、第1次インドシナ戦争中の…
  4. メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」(伴野 朗 著)

    メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」 「九頭の龍」 著書:伴野 朗  徳間文庫、199…
  5. 雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん)

    論考:雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん) 中国雲南省西双…
  6. コラム(江口久雄さん)「メコン仙人たより」 第12話 「倭国の遣使」

    コラム(江口久雄さん)「メコン仙人だより」 第12話 「倭国の遣使」 〈前漢末期、倭の百余国によ…
  7. 馬 登雲

    2001年9月掲載 昆明の回族出身の革命活動家。1927年に共産党に入党し19歳で刑死  (191…
  8. 調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)

    「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)第1章 雲南を離れてどれくらいたったか。…
ページ上部へ戻る