調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」②(伊藤悟)

「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」②(伊藤悟)第2章

北タイに来て6ヶ月がすぎた。この地でロンコンの“音楽の魂”がまだ大地に還っていないことを知った。タイヤイ族の村にはまだ向かっていない。

雲南省の西の地にいたとき、タイマオ族の女性歌手がタイマオ族の古い歌で失われようとしている歌が5、6種類あると、教えてくれたことがあった。その人は小さい頃にそれらを聴いたことがあったきりで、自身では歌えない“うた”だといった。 そのうたは少し変化して、タイに住むタイヤイ族も歌う事がわかった。

最近ずっと考えていることがある。空想といえばそれまでなのだろうけど、音楽にも“魂”があるんじゃないだろうか。 少数民族の音楽を聴いてきたからこう思うのかもしれない。“うた”は何十年、何百年と歌い続けられ、伝承されてきた。少数民族と呼ばれる人々の生活が近代文明とは違う昔ながらの生活様式といわれ、音楽も現代の消費される音楽とは違って、社会の中で機能する生活に根ざしたものと考えられてきた。

それが、急激な時代の変化によって、周りの多数派民族から近代文明の影響を受け、今まであった音楽に対する「尊敬」や、意識的または無意識に行われてきた音楽行動の「価値」があっという間に失われてしまった。生活に根ざしてきた音楽が、社会のどこかのネジが変わったことで、本来の機能を失ってしまった。“音楽の魂”と書いた。それは音楽が奏でられ、歌われてきた歴史のことなのかもしれない。音楽が消費されるようになって、真っ先に消費されてしまったのが伝承されてきた古い歌だったと思う。 多くの民族が精霊信仰だったりする。こんな消費文化の中で万物に精霊が宿るなんて敬ったり恐れたりすることは良いことじゃないかとも思う。同じように音楽にも精霊が宿っていたり、魂があって、もっと大切にしようとしてもいいと思う。

だからこんなことを考えた。村のあぜ道、田畑、木の下、どこかの家の屋根や森の奥で、“音楽の魂”はそれまでの役目を果たし、あるものは大地に還り、あるものは天に昇華しようとしている。それは、村に残る最後のその音楽を覚えている老人が亡くなるまで、あちこちで横たわって最期の時を待ち続けているのかもしれない。

だからまたこんなことを考えた。自分が村に行って老人たちに古い歌や、ひょうたん笛の音楽を教えてもらうとき、横たわっていた音楽の魂は喜んで起き上がり、僕らの周りで音楽が奏でられるのを、歌われるのを見守っていてくれるのではないか、と。そして、少なくとも“古調”の魂は、あと暫くは無くなることはないだろうと思った。なぜなら、その魂は僕の心の中という住み処を得たから。

(C)伊藤 悟 2002 All rights reserved.  

関連記事

リニューアル公開への準備作業中

2023年2月下旬のリニューアル公開に向け、サイト再構成の準備作業中です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)

    「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)第1章 雲南を離れてどれくらいたったか。…
  2. メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」(伴野 朗 著)

    メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」 「九頭の龍」 著書:伴野 朗  徳間文庫、199…
  3. コラム(江口久雄さん)「メコン仙人たより」 第12話 「倭国の遣使」

    コラム(江口久雄さん)「メコン仙人だより」 第12話 「倭国の遣使」 〈前漢末期、倭の百余国によ…
  4. 石寨山古墓群遺跡

    2002年3月掲載 雲南古代の滇王国とその青銅器文化の存在を2千年以上の時を経て実証した王墓群発見…
  5. 雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん)

    論考:雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん) 中国雲南省西双…
  6. バー・モウ

    2000年10月掲載 ビルマ民族運動の先駆的指導者で、元ビルマ国家元首 バー・モウ 1893年~…
  7. メコン圏を描く海外翻訳小説 第16回「おとなしいアメリカ人」(グレアム・グリーン著、田中西二郎 訳)

    アメリカの対アジア政策を批判したものと受けとめられ世界的に話題となった、第1次インドシナ戦争中の…
  8. 馬 登雲

    2001年9月掲載 昆明の回族出身の革命活動家。1927年に共産党に入党し19歳で刑死  (191…
ページ上部へ戻る