メコン圏対象の調査研究書 第24回「海のシルクロード」中国・泉州からイスタンブールまで(文・辛島昇、写真・大村次郷)

メコン圏対象の調査研究書 第24回「海のシルクロード」中国・泉州からイスタンブールまで(文・辛島昇、写真・大村次郷)


「海のシルクロード」中国・泉州からイスタンブールまで(文・辛島昇、写真・大村次郷、集英社、2000年6月発行)

<著者紹介>(本書紹介文より。2000年発刊当時)
辛島 昇(からしま・のぼる)
1933年東京に生まれる。東京大学文学部卒業、東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所、東京大学文学部勤務を経て、現在、大正大学教授、東京大学名誉教授。専攻は南アジア史。著書・編著に『インド入門』(東京大学出版会)、『インドの顔』(河出文庫)、『南アジア』(朝日新聞社)、『インド世界の歴史像』(山川出版社)、『ドラヴィダの世界』(東京大学出版会)、『South Indian History and Society』(オクスフォード大学出版会)、『南アジアの文化を学ぶ』(放送大学テキスト)など。
大村次郷(おおむら・つぐさと)
1941年旧満州(中国東北部)新京(長春)に生まれる。多摩芸術学園写真科および青山学院大学を卒業。写真家・濱谷浩氏に師事。オリエント、インド亜大陸、中国大陸を中心にフォト・ルポルタージュを手掛ける。NHKのドキュメンタリー番組「シルクロード」のスチールを担当。著書に『聖なるカトマンズ』(山と渓谷社)、『聖域行2-6』(文/那谷敏郎 平凡社カラー新書)、『アジア食文化の旅』『新アジア漫遊』(朝日文庫)、『イスタンブル歴史散歩』(文/鈴木董 河出書房新社)、『ブッダ』(編/安田治樹 河出書房新社)など。

本書は、NHKのドキュメンタリー番組「シルクロード」のスチールを担当した写真家・大村次郷(おおむら・つぐさと)氏による「アジアをゆく」(集英社刊、全7巻)シリーズの中の1冊。このシリーズは、7つの斬新なテーマでアジアをきりとる、という全7冊より成るもので、全巻、大村次郷氏によるカラー写真を中心に、各巻の文章はそれぞれのテーマの各専門家によるものという、新しい趣向のシリーズ。2000年6月、同シリーズの第1回配本となった本書は、南アジア史の専門家・辛島昇氏とのタイアップだ。

 本シリーズの他の著書も、「アジャンタとエローラ」「米に生きる人々」「龍と蛇<ナーガ>」「カッパドキア」「ブッダの教え」「獅子」と、ユニークな切り口で興味深いテーマを扱っているが、「海のシルクロード」を含むこれらのテーマは、精力的にアジア各地を長年何度も訪ね、幅広い分野に深い知識を持たれている大村次郷氏にとっては、特にお得意のテーマの一部だ。

 本書『海のシルクロード』には、サブタイトルに「中国・泉州からイスタンブールまで」とあるが、まさに泉州からベトナム、マレー半島、マラッカ海峡を抜け、はるかインド、アラビア、イスタンブールへと海のシルクロードは続いていた。”青い海原を港から港へとジャンクやダウ船で運ばれた物資の量は、ラクダの背に頼る陸のシルクロードを遥かに凌ぎ、絹や真珠、香辛料、伽羅や乳香といった香料、宝石はもとより大量の陶磁器やアラビア馬が運ばれた。物だけでなく、海を仲立ちとして宗教も文化も大きく動いた。十数世紀に亘る海上交易の道にくり広げられた壮大なドラマを探る。”と、カバー表紙にも記されているが、「海のシルクロード」は、「陸のシルクロード」と並び、多くの人を魅了する壮大でロマンに満ちたテーマであろう。

 本書の構成は、まず、海のシルクロードのルートの通り、中国・泉州からトルコ・イスタンブールまで、地域別に9編に分けて概説と数多くのカラー写真を掲載されている。9編に分けられた箇所については、メコン圏に関するものとして中国、ベトナム、マラッカ海峡の3編がある。中国編は、マルコ・ポーロがその繁栄に驚嘆の記録を残した泉州をはじめとする中国南部がとりあげられ、ベトナム編では、かつての海洋民族として海のシルクロードに雄飛する栄光の時をもっていたチャム族の世界が広がったベトナム中部に加えて、メコン川下流域や中流域にも触れている。マラッカ海峡編では、山中に後背地を持つ多数の港市がネットワークで結ばれインドや中国などに開けた中世の港市群の世界であったマレー半島やスマトラの世界を紹介している。

 本書の調査紀行で取り上げて紹介しているメコン圏地域の具体的な都市・町や遺跡は以下の通り。大村次郷氏の本書掲載写真は、海のシルクロードの歴史を彩る各地の遺跡や遺跡出土品から、海のシルクロードの中継地やルートとなった地域の人々の生活までと多岐にわたっている。1944年以来の発掘で、ローマ、インド、中国を結ぶ数々の遺物を出土したメコン川デルタにあるオケオ遺跡も忘れていない。また海のシルクロードの国々を引き寄せてきた泉州にも惹かれるし、大航海を行った明朝の鄭和を含め中国人の南海での活動も興味深い。

【中国編】:泉州、香港、広州、三亜(海南島)
【ベトナム編:ベトナム、カンボジア、ラオス】
フエ、ダナン、ドンズオン、ビンディン、ニャチャン、ホーチミン、シエムリアプ、パクセー、チャンパーサック、《遺跡》ミソン、ポー・ナガール、ポー・クロン・ガライ、オケオ、アンコール、チャンパーサック
【マラッカ海峡編:タイ】
チャイヤー、タクアパー、クラビー、スラータニー、ナコンシータマラート、ソンクラー、パタニー  

加えて、『海のシルクロード 時代を追って航海する』と題した辛島昇氏による解説が付されている。この辛島氏の解説では、”海のシルクロードの途中に位置するアラビア半島、インド、東南アジアの諸地域を結んで演じられる、いわばメイン航路につながる国々が局地的に運行する「サブ航路」の歴史にこそ、魅力のある風景が展開した”として、そのサブ航路の出来事に焦点を当てながら,海のシルクロードの歴史を時代を追って紹介している。

 タイ南部についても、アンダマン海側として、タクアパー、クラビー、が、シャム湾側として、チャイヤー、スラータニー、ナコンシータマラート、ソンクラー、パタニーの町が取り上げられているが、マレー半島を横断するいくつかのルートとともに半島の両側の港市群の交易ネットワークの歴史も奥が深い。実は、本書のタイ南部に関する調査紀行については、1999年7月に私自身が調査スケジュール企画兼通訳を担当し、大村次郷氏に同行してタイ南部各地を一緒に調べ歩いている。

本書の目次

中国
マルコ・ポーロは、泉州に入港するジャンクの数に驚嘆の声を上げた
ベトナム
海雲関の南に、今は離散したかつての海洋民族チャム人の王国があった
マラッカ海峡
中世の港市ネットワークが、マレー半島とスマトラを魅惑の世界にした
ジャワ島
インド文化を素材にジャワ人は、驚くべき華麗な造形世界を築き上げた
スリランカ
獅子国の高峰に残る足跡は、仏陀のものか、シヴァのものか、アダムのものか
インド東海岸
ヒンドゥー文化は南インドで育まれ、仏教とともに東南アジアへ伝わった
インド西海岸
たわわに実る大粒の胡椒を求めて、東西の船がその港に入りつづけた
ペルシア湾 アラビア半島
アラビア産の馬と乳香が、ダウ船によって遠くインド洋を運ばれていった
紅海・地中海
トプカプ宮殿は、海のシルクロードを運ばれた元染付の逸品を所蔵する
海のシルクロード・時代を追って航海する
ヒッパロスの風によって結ばれたローマとインド
インドからさらに東に向かう船
ヒンドゥー教と仏教の伝播
商人たちを結んだネットワーク
モンゴル支配の拡大とイスラーム化の波
ペルシア湾と紅海沿岸の港間のヘゲモニー争い
中国の威信をかけた鄭和の航海
撮影日誌
地図

メコン圏地域関連の掲載写真
中国
海南島三亜沖を帆走するジャンク
・泉州の富美宮に奉納された模造船
・泉州西北にある九日山には10世紀以来の摩崖石刻が残る。「祈風石刻」
・泉州開元寺の東塔とデイゴ(ザイトン)の花
・天后宮の媽祖(まそ)
・広州の南海神廟で専攻を焚き、祈る人々
・泉州后渚干潟から掘り出された宋代の木造帆船(海外交通史博物館)
・竜骨の繋ぎ目にあたる保寿孔から発見された銅鏡と銅銭
・海南島沖を行くジャンク船上
・数多くのジャンクが停泊する海南島三亜港
・泉州に近い崇武城の街を行く老女
ベトナム他
空から見る海雲関(ハイヴァン峠)
・ポー・ナガール女神像
・ミソン寺院遺跡B群の主祠堂
・カイ河口に広がるニャチャンの町とポー・ナガール寺院
・ファンラン西方の丘に立つポー・クロン・ガライ寺院
・クメールの古都チャンパーサックにあるワット・プー寺院
・中央神殿壁面に彫られたアプサラ
・アンコールのバイヨン外側回廊南面のレリーフ
・メコン川デルタにあるオケオ遺跡
・ローマ皇帝マルクス・アウレリウス(在位161-180)の肖像と銘のあるローマの金メダル
・ヴィシュヌ神のブロンズ像。1936-37年にオケオ近郊の村で出土
・青銅仏立像。オケオ出土
・青銅仏立像。オケオ出土
・夔鳳(きほう)鏡と呼ばれる後漢の青銅鏡片(2世紀後半)
マラッカ海峡
ササン朝ペルシアの貨幣
・8世紀のシュリーヴィジャヤ王建立のヒンドゥー寺院遺構が残るチャイヤーの海岸の砂浜
・マレー半島中部クラ地峡南部
・タイ領マレー半島南部ソンクラー湖でのエビ採り
・パタニーのナクルワ通りにある市場風景
・プーケット島とクラビーとの間で大きな湾をつくるパンガーの海岸
・7世紀の古代マレー語で書かれ、南インド系統の文字で刻まれた呪詛刻文
・4世紀ころのブラーフミー文字、タミル語で「ペルンパダンなるタミル人金細工師の所有物であったと想像される(クロントム寺附属博物館)
・ビーズ
・カリマンタン(ボルネオ)東南部のクタイで発見されたムーラヴァルマン王のサンスクリット語刻文の1つ
・クローブ(丁子)
・モルッカ諸島アンボン島でのナツメッグの収穫
・ナツメッグの選別やメースをはがす村の女性
・乾燥したナツメッグの実の選別

関連記事

リニューアル公開への準備作業中

2023年2月下旬のリニューアル公開に向け、サイト再構成の準備作業中です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 石寨山古墓群遺跡

    2002年3月掲載 雲南古代の滇王国とその青銅器文化の存在を2千年以上の時を経て実証した王墓群発見…
  2. メコン圏を描く海外翻訳小説 第16回「おとなしいアメリカ人」(グレアム・グリーン著、田中西二郎 訳)

    アメリカの対アジア政策を批判したものと受けとめられ世界的に話題となった、第1次インドシナ戦争中の…
  3. 調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)

    「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)第1章 雲南を離れてどれくらいたったか。…
  4. 雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん)

    論考:雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん) 中国雲南省西双…
  5. 馬 登雲

    2001年9月掲載 昆明の回族出身の革命活動家。1927年に共産党に入党し19歳で刑死  (191…
  6. メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」(伴野 朗 著)

    メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」 「九頭の龍」 著書:伴野 朗  徳間文庫、199…
  7. バー・モウ

    2000年10月掲載 ビルマ民族運動の先駆的指導者で、元ビルマ国家元首 バー・モウ 1893年~…
  8. コラム(江口久雄さん)「メコン仙人たより」 第12話 「倭国の遣使」

    コラム(江口久雄さん)「メコン仙人だより」 第12話 「倭国の遣使」 〈前漢末期、倭の百余国によ…
ページ上部へ戻る