論考「遥かなるメコンを越えて ナーンの旅、そしてプーミン寺壁画」⑦

論考「遥かなるメコンを越えて ナーンの旅、そしてプーミン寺壁画」

(蔵屋敷滋生 くらやしき・しげお 投稿時:出版社役員,59歳、千葉県柏市在住)

第4章 ナーンへの道 その1(ランパーン・ルート)

チェンマイを出発してランパーン→ローン→プレー→ウィエン・サ→ナーン(約360キロ)に入るコースも捨てがたい。だが、チェンマイ→ランパーン間は国道1号線を走らざるを得ず、タイ入国2日目の身にスーパーハイウェイのラリーは心臓に負担がかかり過ぎる。大型トラックやバスのスピード狂は知られているが、平均100キロオーバーで走り抜ける自家用車にも閉口する。タイドライバーに「譲り合いの精神」とか「追い越しはウインカーで合図してから」を求めても所詮無理なのかも知れない。下りの山道でも彼らは平気でアクセルを踏んでいるはずだ。だから時々検問があると、警官に感謝したい気持ちになる。

このサイトに『北タイ・国道1号線の旅』(チェンライパヤオランパーン)が紹介されているが、思わず『国道1号線命知らずの旅』ではと思ったほどだ。ただランパーン市内で花馬車を見かけたり、ワット・プラケオ・ドンタオの仏塔(ハリプンチャイ様式)やワット・ボンサヌック・タイの重層屋根の層塔(ランナー様式の典型と称される)を見て回るうちに不思議と気持ちが落ち着いてくる。

ランパーン郊外。ワット・プラタート・ランパーン・ルアン

ランパーン市内。ワット・プラケト・ドーン・タオ

ランパーン市内。ワット・ポーンサヌック・タイ

ランパーン市内。ワット・ポーンサヌック・タイ

プレーでは小高い丘に建つワット・プラタート・チョーへェー(13世紀、プレーの領主・ルアンコームが建立)は素通りしたくはない。門前の左手にある食堂のカオパットは中国風のチャーハンに似て美味。最近、プレーにワット・ウィン・タ・モンという板絵のある寺を知った。市内から西40キロと紹介されているが、詳細な場所は不明。そのほかにも浸食された石灰岩の奇形地・ペップ・ムアン・ピーもある。一瞬、別世界に迷い込んだ錯覚に落ち入るが、一度だけ寄っただけである。

プレー郊外。ワット・プラタート・チャ・ヘァーの山門

プレー郊外。ワット・プラタート・チャ・ヘァーの境内

プレーを抜けたあとは太陽の恵みをいっぱいに受けた田園地帯と、そう急峻ではない山道の連続だが「花香鳥語」「焦風椰雨」の世界が満喫できる。道路はまったく問題ない。そしてナーンへ。

関連記事

リニューアル公開への準備作業中

2023年2月下旬のリニューアル公開に向け、サイト再構成の準備作業中です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」(伴野 朗 著)

    メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」 「九頭の龍」 著書:伴野 朗  徳間文庫、199…
  2. 石寨山古墓群遺跡

    2002年3月掲載 雲南古代の滇王国とその青銅器文化の存在を2千年以上の時を経て実証した王墓群発見…
  3. 雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん)

    論考:雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん) 中国雲南省西双…
  4. バー・モウ

    2000年10月掲載 ビルマ民族運動の先駆的指導者で、元ビルマ国家元首 バー・モウ 1893年~…
  5. コラム(江口久雄さん)「メコン仙人たより」 第12話 「倭国の遣使」

    コラム(江口久雄さん)「メコン仙人だより」 第12話 「倭国の遣使」 〈前漢末期、倭の百余国によ…
  6. 馬 登雲

    2001年9月掲載 昆明の回族出身の革命活動家。1927年に共産党に入党し19歳で刑死  (191…
  7. メコン圏を描く海外翻訳小説 第16回「おとなしいアメリカ人」(グレアム・グリーン著、田中西二郎 訳)

    アメリカの対アジア政策を批判したものと受けとめられ世界的に話題となった、第1次インドシナ戦争中の…
  8. 調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)

    「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)第1章 雲南を離れてどれくらいたったか。…
ページ上部へ戻る