論考「遥かなるメコンを越えて ナーンの旅、そしてプーミン寺壁画」①

論考「遥かなるメコンを越えて ナーンの旅、そしてプーミン寺壁画」

(蔵屋敷滋生 くらやしき・しげお 投稿時:出版社役員,59歳、千葉県柏市在住)

序章 はじめに

私の遺伝子の刷り込みに「蜘蛛よりも蛇が嫌い」「小言は好き。だが人から何も言われたくない」「南よりも北が好き」「コストパーフォーマンスをまず考える」「言ったそばから気が変わる」があるらしい。別にそれで苦労しているわけではない。なぜなら奥さんと遺伝子に文句がいえないからだ。だからボクの文章が「傲慢」「不遜」「独断」と映っても、本心からではなく、遠いご先祖様から授かった遺伝子のせいだとご理解いただきたい。

  だが折角の旅に出ても一カ所に落ち着けない性癖だけは、そろそろ肉体的にきつくなっている。始終、新しいものを発見していないと、なにか損をした気になるのだ。が、最近は「新たな体験など妄想するほどにはない」と諦めることにした。それでも一人旅にも拘わらずタイムスケジュールから外れると不機嫌になる、という勝手な性格だけは直らない。かわいそうなのはボクの旅に同行する運転手だが、彼は田舎道を走行中でも道端の蛇を目聡く見つけ「クラさん、スネーク!」と言って嫌がらせをするので、お合いこだ。

  なにかもっと楽な旅の仕方はないかと自問自答していたら、自分で答えをみつけた。

①目的地は一つにしぼる、
②旅程管理は同行の運転手に任せる
③彼を信じ決して口に出して文句は言わない
④目的地に着いたら帰国日以外の時間を気にしない

である。残念ながらボクの人間性に関わる本質である「謙虚」だとか「配慮」だとか「思いやり」とかの言葉は思い出せなかった。

ただこれでは誰が旅をしているのか分からなくなるので、「旅の計画書」だけは運転手に渡すことにした。彼に「今回の旅はこの計画通りに行くように」と厳しく注文するわけだ。これでいい。私の旅に文句を言わせない。で、北タイは東のはずれチャンワット・ナーン(ナーン県)への旅を計画し日本を出発した。

   ここからナーンの旅の話でも書こうとしたら気が変わって、いきなりバンチェーン遺跡について書いておこうと思い出し、キーをたたいていた。どうせ書くのは自分なのだから、感性のままに進めることにする。なにせ人になにか言われるのが嫌いなのだ。

(写真上:ナーン西郊の山からナーンの街を展望する)

  そして、またまた気が変わってしまった。いきなり「タイ族」のルーツを探る、というとんでもないことを思いついた。そりぁ~よく分かっております。サラリーマンのボクに出来ることではないことぐらいは。だが何回となく北タイはナーンを訪れていると「タイ族ってなんだ」を知りたくなったのだ。バンコクでもチェンマイでもそんな気にならなかったが、ナーンの人達は「ほかのタイ人と違う」と感じているのだ。ちょうど京都人が東京をあまり意識していないように、あるいは大阪人が東京を腹の底では相手にしたくないと思っているように(間違っていたらごめんなさい)、独自の文化を造りあげてきた自信がもたらす一種の孤高の気高さを感じるのだ。

  「タイ族のルーツ」といったって、むろんフィールドワークをしたわけでも、するわけではないから、書籍、参考書、教科書、小説、人の話(講義ではむろんない)、インターネットのホームページからの知識にとどまる。したがって新たな発見を紹介するわけではなく、言ってみれば「これまでのまとめ程度のモノ」とご理解いただきたい。その「まとめ方」に間違いもあるかもしれない、いやきっとある。その節はご容赦願いたい。

関連記事

リニューアル公開への準備作業中

2023年2月下旬のリニューアル公開に向け、サイト再構成の準備作業中です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」(伴野 朗 著)

    メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」 「九頭の龍」 著書:伴野 朗  徳間文庫、199…
  2. 調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)

    「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)第1章 雲南を離れてどれくらいたったか。…
  3. コラム(江口久雄さん)「メコン仙人たより」 第12話 「倭国の遣使」

    コラム(江口久雄さん)「メコン仙人だより」 第12話 「倭国の遣使」 〈前漢末期、倭の百余国によ…
  4. 雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん)

    論考:雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん) 中国雲南省西双…
  5. 馬 登雲

    2001年9月掲載 昆明の回族出身の革命活動家。1927年に共産党に入党し19歳で刑死  (191…
  6. バー・モウ

    2000年10月掲載 ビルマ民族運動の先駆的指導者で、元ビルマ国家元首 バー・モウ 1893年~…
  7. メコン圏を描く海外翻訳小説 第16回「おとなしいアメリカ人」(グレアム・グリーン著、田中西二郎 訳)

    アメリカの対アジア政策を批判したものと受けとめられ世界的に話題となった、第1次インドシナ戦争中の…
  8. 石寨山古墓群遺跡

    2002年3月掲載 雲南古代の滇王国とその青銅器文化の存在を2千年以上の時を経て実証した王墓群発見…
ページ上部へ戻る