ラオス タイ・ラーオ族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん)

論考 & フォトギャラリー:ラオス  タイ・ラーオ族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん)

前回、中国・雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の“色と形(造形)”を紹介しました。今回はラオスのタイ・ラーオ族の仏教寺院に見るナーガの造形を紹介したいと思います。筆者は、1999年11月ラオスの首都ビエンチャンおよび古都ルアンパバンを訪問し、西双版納、タイ・ルー族のナーガの造形とラオス、タイ・ラーオ族の仏教寺院に見るナーガの造形が、同一文化圏の鶏頭ナーガであることを確かめるのが目的でした。シーサンパンナからラオスにかけてのメコン河の中流域には、多くのタイ・ルー族、タイ・ラーオ族が居住し、水田稲作農耕に従事していますが、いずれも信仰篤き上座部佛教徒です。アニミズムに根ざした鶏への土俗的な信仰心と仏陀信仰が融合し、鶏頭ナーガの造形が生み出されたのではないかと考えています。時代とともに移り変わるファッション性の強い“色と形”の造形文化にあって、佛教の祭祀儀礼を背景とした仏陀守護のナーガは、中国共産党中央政権のシーサンパンナ地方への支配権の確立や文化大革命、ラオスの王政に代わる社会主義革命政権の誕生など、歴史の激動を乗り越え、意外と根強く継承されているのではないかと考えています。

1.はじめに

多民族国家ラオスの人口は約620万人(2005年推定)とされ、タイ族系(タイ・ラーオ、タイ・ルー、タイ・ダムなど)、チベット=ビルマ族系(アカ、ラフなど)、モン=クメール族系、中国西南の少数民族、ミャオ(モン、Hmong)・ヤオ族など、多様な民族構成となっているが、ラオス政府は民族間の障壁をのりこえ、統一国民国家を目指しているのであろう、民族区分として低地ラオス人(ラーオ・ルゥム、Lao Loum)、中高地ラオス人(ラーオ・トゥン、Lao Theung)、高地ラオス人(ラーオ・スゥン、Lao Sung)の民族区分を採用している。この低地ラオス人に属する多数派タイ・ラーオ族は人口の約60%を占め、メコン河およびその支流域に居住し、水田稲作農耕に従事しており、上座部仏教の信仰篤き人々でもある。メコンの水の恵みに支えられた経済的な基盤は、ラーオ族の王朝でもある、かつてのランサーン王朝を支えていたのであろう。古都ルアンパバン、首都ビエンチャンにはランサーン王朝ゆかりの格式ある、多くの寺院が点在している。鶏頭ナーガの造形を求め、これらの寺院を訪ねた。なおタイ・ラーオ族の居住地域については、ラオ語の言語分布と一致すると考えられ、図1ラオスの言語分布( http://www.ethnologue.com)を参照されたい。

2.タイ・ラーオ族のナーガの”色と形”

1999年11月23日、バンコクーウボンラチャタニ(空路)、ウボンラチャタニーノンカイ(バス)、ノンカイのタイ側イミグレーションで出国手続き、バスを乗り換え、メコン川のタイーラオス友好橋を渡りラオス側のイミグレーションでアライバル・ビザを入手、タクシーでビエンチャン市街へ。7日間の日程で、ビエンチャン、ルアンパバンを訪れナーガの調査を行った。

2.1 ビエンチャンのナーガ

(1)タート・ルアン仏塔
ビエンチャン市街の中心部から北東2キロほどの所に、パリの凱旋門を模して作られたラオスの凱旋門、屋上からはビエンチャン市街を一望できるパトゥーサイ(Patousay)がある。このパトゥーサイを中心に放射状に延びるタート・ルアン・ロードを約2キロ北東方向に歩くと、黄金色に燦然と輝くタート・ルアン(That Luang)仏塔が現れる。ラオス仏教最高の寺院とされ、16世紀、ランサーン王朝により建立された当時、四方を4つの寺院に囲まれる寺院配置であったとされるが、現在は仏塔の北側にワット・タート・ルアン・ヌア(Wat That Luang Neua)、南側にワット・タート・ルアン・タイ(Wat That Luang Tai)のみを配している。

タート・ルアン仏塔への入口の階段左右には2頭のナーガが配され、4足を備えたマカラの口からナーガを吐き出す、マカラとナーガが一体化した造形である(図2、図3)。

(図2)タート・ルアンのナーガ

(図3)タート・ルアンのナーガ

ワット・タート・ルアン・ヌアの入口への階段左右には色鮮やかな2頭のナーガが配され、背後に見えるのはガルダである(図4、図5)。

(図4)タート・ルアン・ヌアのナーガ

(図5)タート・ルアン・ヌアのナーガ

ワット・タート・ルアン・タイには菩提樹の樹下で瞑想し、悟りを開いた仏陀を、多頭のナーガが守護する数体の仏陀像が安置されている(図6、図7)。

(図6)タート・ルアン・タイのナーガ

(図7)タート・ルアン・タイのナーガ

筆者がタート・ルアンを訪れたのは、ラオス最大の祭り、タート・ルアン祭の最終日の翌日、11月24日で、多くの参詣者が訪れており、寺院の境内では屋台が店を開き、祭りの余韻が辺りに漂っていた。掲載の写真には、ごみの散乱が見えるが、祭りの名残である。

(2)ワット・シーサケット、ワット・ホー・プラ・ケオのナーガ
パトゥーサイからランサーンアベニューを西南へ約1.2キロ、左手に、ランサーン王朝ゆかりの寺院、ワット・シーサケット(Wat Sisaket)、ワット・ホー・プラ・ケオ(Wat Ho Pra Keo)があるが、現在、いずれの寺院も博物館として使用されている。

ワット・シーサケットには、蒐集された多くの仏陀像が安置されているが、両翼を備えた鶏頭ナーガ(図8)で、ナーガの尻尾の部分より水を注入し、聖水を頭部より注ぐ祭具(hanglin)が目を引いた。

(図8)シーサケットのナーガ

屋根の隅棟には棟飾りのナーガ(図9)が配される。棟飾りのナーガは、一般に抽象化されたナーガの造形が多いが、具象的な造形のナーガである。

(図9)シーサケットのナーガ

ワット・ホー・プラ・ケオの仏殿(博物館)入り口への階段左右には、ナーガとマカラが一体化した造形が配され(図10)、マカラの前足が魚を捕らえる珍しい構図である。

(図10)ホー・プラ・ケオのナーガ

(3)ワット・チャン、ワット・ハイソクのナーガ
ワット・ホー・プラ・ケオからセタティラートストリートを北西へ約1キロ、左手に見えるワット・オン・トウ(Wat Ong Teu)は、16世紀、ラーンサーン王朝によりワット・タート・ルアンと同時期に建立された、格式ある寺院とされる。現在はラオス佛教、最高位の仏僧の住まいとのことであるが、この寺院を中心に隣り合うように、東にワット・ミーサイ(Wat Mixai)、西にワット・インペン(Wat Inpeng)、南にワット・チャン(Wat Chan)、北にワット・ハイソク(Wat Haisok)があり、ワット・チャンにおいて鶏頭を具象的に造形化した、興味あるナーガを見ることができた。

ワット・チャンの仏殿の前面には、悟りを開いた仏陀を守護する多頭の鶏頭ナーガ(図11、12)が配され、仏殿の入り口、階段の左右には赤、黄、緑、白に彩色された、マカラとナーガが一体化した造形の鶏頭ナーガ(図13)が配されている。マカラの前足が魚を捕えており、鶏頭の表現が具象的である点を除けば、ワット・ホー・プラ・ケオのナーガと同一構図である。鼓楼は中華風構図の玉戯れる2頭のナーガ(図14)が守護する。

(図11、12)ワット・チャンのナーガ

(図13)ワット・チャンのナーガ

ワット・チャンのナーガ

ワット・ミーサイの仏殿への階段左右には多頭の鶏頭ナーガ(図15)が配されているが、ルアンパバン、ワット・ノンのナーガのデザインと類似した構図である。

(図15)ワット・ミーサイ

関連記事

リニューアル公開への準備作業中

2023年2月下旬のリニューアル公開に向け、サイト再構成の準備作業中です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 馬 登雲

    2001年9月掲載 昆明の回族出身の革命活動家。1927年に共産党に入党し19歳で刑死  (191…
  2. 調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)

    「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)第1章 雲南を離れてどれくらいたったか。…
  3. 石寨山古墓群遺跡

    2002年3月掲載 雲南古代の滇王国とその青銅器文化の存在を2千年以上の時を経て実証した王墓群発見…
  4. メコン圏を描く海外翻訳小説 第16回「おとなしいアメリカ人」(グレアム・グリーン著、田中西二郎 訳)

    アメリカの対アジア政策を批判したものと受けとめられ世界的に話題となった、第1次インドシナ戦争中の…
  5. コラム(江口久雄さん)「メコン仙人たより」 第12話 「倭国の遣使」

    コラム(江口久雄さん)「メコン仙人だより」 第12話 「倭国の遣使」 〈前漢末期、倭の百余国によ…
  6. 雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん)

    論考:雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん) 中国雲南省西双…
  7. メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」(伴野 朗 著)

    メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」 「九頭の龍」 著書:伴野 朗  徳間文庫、199…
  8. バー・モウ

    2000年10月掲載 ビルマ民族運動の先駆的指導者で、元ビルマ国家元首 バー・モウ 1893年~…
ページ上部へ戻る