「祈りの環~ミャンマー」(後藤修身さん)④「聖地チャイティヨ」

「祈りの環~ミャンマー」(後藤修身さん)

  第4回「聖地チャイティヨ」

ヤンゴンから車で4~5時間走ったところにチャイティヨという仏教聖地がある。

その昔、超能力者によって海底から山の上に運ばれたという黄金に光る大きな岩。崖すれすれに位置するこの岩を目指して多くの仏教徒たちがやってくる。また、そこは聖地でもあるがミャンマー人にとってのディズーニーランドでもある。

山のふもとからゆっくり歩いて7時間ほど。日ごろの運動不足を後悔しながらもやっと頂上にたどり着いた。頂上の込み具合に比べると、山道にはあまり人が歩いていなかった。たいていの人は新しくできた車道を車で上がってくるのだ。

「ここにやってくることに意義があるんだよ」というある人の言葉。わざわざ苦労して歩いてくるよりも車で早く来たほうが便利だし、何度も来ることができるという。その話を聞いて、チベットのマニ車を思い出した。苦労することに意義を見つけようとした私は、宗教が死んでしまった国から来た人間であった。

(写真・文: 後藤修身さん) 2000年12月掲載

雨の中、ライトアップで浮かび上がったゴールデンロック

山道の掃除をする子供。チャイティヨに住む人たちは山道を掃除することで参拝者からお布施を得ることができる。

山道の途中で僧侶が瞑想をしていた。

男は直接触れたり金箔を貼ったりできるのだが、女は禁止されている。

夜になると祈りのためのロウソクの灯に囲まれる。

山頂にある唯一の目抜き通り。夕方が一番にぎわう。

狭い山頂に宿がひしめく。

若者たちも喜んでやってくる。兄弟と出家した従兄弟。

関連記事

リニューアル公開への準備作業中

2023年2月下旬のリニューアル公開に向け、サイト再構成の準備作業中です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん)

    論考:雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん) 中国雲南省西双…
  2. メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」(伴野 朗 著)

    メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」 「九頭の龍」 著書:伴野 朗  徳間文庫、199…
  3. 調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)

    「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)第1章 雲南を離れてどれくらいたったか。…
  4. メコン圏を描く海外翻訳小説 第16回「おとなしいアメリカ人」(グレアム・グリーン著、田中西二郎 訳)

    アメリカの対アジア政策を批判したものと受けとめられ世界的に話題となった、第1次インドシナ戦争中の…
  5. 馬 登雲

    2001年9月掲載 昆明の回族出身の革命活動家。1927年に共産党に入党し19歳で刑死  (191…
  6. コラム(江口久雄さん)「メコン仙人たより」 第12話 「倭国の遣使」

    コラム(江口久雄さん)「メコン仙人だより」 第12話 「倭国の遣使」 〈前漢末期、倭の百余国によ…
  7. バー・モウ

    2000年10月掲載 ビルマ民族運動の先駆的指導者で、元ビルマ国家元首 バー・モウ 1893年~…
  8. 石寨山古墓群遺跡

    2002年3月掲載 雲南古代の滇王国とその青銅器文化の存在を2千年以上の時を経て実証した王墓群発見…
ページ上部へ戻る