(2002年5月号掲載)

2002年3月  シェンクアンにて
国連ボランティア 地下水開発エンジニア
村山明雄

シェンクアンに来てもう10日ほど経ちました。
来てすぐにバイクを買い、土曜日曜にツーリングで郊外(ジャール平原の石壷群)にも行ってきましたし、プロジェクト・サイトのあるノンへットまでも行ってきました。

私が昔、通訳の仕事でサムヌアに行った時のこと、その時はサムヌア行きの飛行機が出なかったので、ビエンチャンからシェンクアンに飛行機で行き、そこから車に乗ってムアン・カム経由でサムヌアに行った日のことを思い出しました。たしか4年くらい前でしょうか。昼過ぎにポンサワンをでてムアンカムに着いたのがもう夕方くらいでした。ムアンカムの三叉路から6号線でサムヌアに着いたのはもう12時をすぎていたと思います。

現在は道路が舗装されてものすごく短い時間で行けるそうです。実際私の場合はポンサワンからムアンカムまでも50kmでバイクで一時間半くらい
でいけました。去年くらいはまだ舗装工事が終わっていなく4時間くらいか
かったとのこと、いまでは4輪車でとばしていけば一時間以内でいけるそうです。

こちらに来て気がついたこと

ビエンチャンみたいに埃っぽくない
これは地質と気候のせいでしょうか。石灰岩が風化した土壌のうえに気候が涼しいのでビエンチャンのように風化したラテライト質の土壌ではないようです。実際ビエンチャンはパウダー状になったのが飛んで、ラオス人は化学調味料みたいだといっています。そういった埃が少ないのはいいことです。

お寺が少ない
戦争のせいか、とにかくポンサワンにはお寺が少ない。従ってお坊さんもあまりみかけない。仏教の行事などはビエンチャンのように行われているのだろうか。托鉢などやっているのか興味がある。(早起きして見にいかないと)シェンクアンの県庁は革命前はポンサワンではなく、ムアンクーンであった。ここは空爆で無茶苦茶に破壊されたし土地が狭いということもあって、革命後に県庁をポンサワンに移したという。ということでまだ完全に復興されてはいないので人々もお寺の建設まで余裕がないのか、また中地ラオ、高地ラオも小乗仏教ではないのでその影響もあるのだろうか。こういったところがビエンチャンと違っていると思った。

不発弾
私が来る前に不発弾処理をしていたUXOラオの職員2人が亡くなられた。このニュースは私が来た後もシェンクアンのFMのニュースで報道された。本当に悲しいことである。ご冥福を祈りたいと思います。地元の人の話では、このごろ不発弾の残骸を廃品として利用したものはあまり見かけられないようである。以前は村人がそれで家の柱を作ったり色々なものに利用した。
しかし不発弾は依然地中にたくさんあるようである)今では処理した不発弾は屑鉄としてタイやベトナムに売ってしまい、一般には見られなくなったとのこと。あるラオス人が言っていたが、こういった戦争の跡はちゃんと保存して将来に伝えていかなければいけないのではないか。まったく同感である。

シェンクアン県には戦争の記念碑としてタムピュ-という洞窟があります。是非ラオスに住んでいる日本人の方には見に行ってもらいたいと思います。ということでまだ住み始めて10日ほどしか経っていません。これから一年、シェンクアンの人たちに色々なことを教えてもらって、かつ私の技術がこの地の人の生活向上に役に立ってくれたらと思っています。

(C)村山明雄 2002- All rights reserved.

村山明雄さん(むらやま・あきお)
(桜ちゃんのパパ、ラオス華僑と結婚した日本人)
シェンクアン県ポンサワンで、地下水開発エンジニアとして、国連関連の仕事に従事。<連載開始時>
奥さんが、ラオス生まれの客家とベトナム人のハーフ
地下水開発エンジニア (電気探査・地表踏査・ 揚水試験・電気検層・ 水質検査)
ラオス語通訳・翻訳、 エッセイスト、経済コンサルタント、エスペランティスト、無形文化財上総掘り井戸掘り師
著作「楽しくて為になるラオス語」サクラ出版、翻訳「おいしい水の探求」小島貞男著、「新水質の常識」小島貞男著

関連記事

リニューアル公開への準備作業中

2023年2月下旬のリニューアル公開に向け、サイト再構成の準備作業中です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. コラム(江口久雄さん)「メコン仙人たより」 第12話 「倭国の遣使」

    コラム(江口久雄さん)「メコン仙人だより」 第12話 「倭国の遣使」 〈前漢末期、倭の百余国によ…
  2. メコン圏を描く海外翻訳小説 第16回「おとなしいアメリカ人」(グレアム・グリーン著、田中西二郎 訳)

    アメリカの対アジア政策を批判したものと受けとめられ世界的に話題となった、第1次インドシナ戦争中の…
  3. メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」(伴野 朗 著)

    メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」 「九頭の龍」 著書:伴野 朗  徳間文庫、199…
  4. 調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)

    「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)第1章 雲南を離れてどれくらいたったか。…
  5. 雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん)

    論考:雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん) 中国雲南省西双…
  6. 馬 登雲

    2001年9月掲載 昆明の回族出身の革命活動家。1927年に共産党に入党し19歳で刑死  (191…
  7. バー・モウ

    2000年10月掲載 ビルマ民族運動の先駆的指導者で、元ビルマ国家元首 バー・モウ 1893年~…
  8. 石寨山古墓群遺跡

    2002年3月掲載 雲南古代の滇王国とその青銅器文化の存在を2千年以上の時を経て実証した王墓群発見…
ページ上部へ戻る