「祈りの環~ミャンマー」(後藤修身さん)

  第1回「祈りの姿」

ミャンマーへ毎年行くようになって6年。この国にこれほどのめりこむとは思ってもいなかった。何がそうさせたのだろうか。6年前の出会いを思い出した。
それはミャンマーへの2回目の旅、1994年であった。仏教遺跡が数多く残るバガンで知り合いの老女と連れ立って歩いていた。道の先に小さなパゴダがあった。

「私は毎朝あのパゴダへお祈りに行くんだよ」
「何を祈ってるかって?」
「世界中の人たちが幸せに暮らせるように祈っているんだよ」

世界中の人?  のために?  祈る?

予想していなかった答えに私は戸惑い、次の言葉が見つからなかった。彼女は口元にかすかな微笑みを浮かべ、目は遠くを見ているかのようだった。その姿を見て、ふと気がついた。

人のために祈る、自分のために。
自分のために祈る、人のために。
祈りは環のようにまわっている・・・

この祈りは仏教の中だけでなく、人々の生活全てを覆っているかのように思えた。私がミャンマーへ通って写真を撮り続けるのも、この祈りの姿を確認する作業かもしれない。

(写真・文:後藤修身さん) 2000年7月号掲載

夜のパゴダで祈る。インドージ湖のシュエミーズパゴダにて。

黄金の岩に祈る人々。チャイティヨにて。

瞑想中の僧侶。人々がお布施を置いていく。チャイティヨの参道にて。

パゴダは憩いの場であり祈りの場。ヤンゴンにて。

時間があると瞑想する人が多い。バゴーにて。

ろうそくを灯して祈る人々。ヤンゴン、シュエダゴンパゴダにて。

関連記事

おすすめ記事

  1. メコン圏題材のノンフィクション・ルポルタージュ 第24回 「激動の河・メコン」(NHK取材班 著)

    メコン圏題材のノンフィクション・ルポルタージュ 第24回 「激動の河・メコン」(NHK取材班 著) …
  2. メコン圏を描く海外翻訳小説 第15回「アップ・カントリー 兵士の帰還」(上・下)(ネルソン・デミル 著、白石 朗 訳)

    メコン圏を描く海外翻訳小説 第15回「アップ・カントリー 兵士の帰還」(ネルソン・デミル 著、白石 …
  3. メコン圏対象の調査研究書 第26回「クメールの彫像」(J・ボワルエ著、石澤良昭・中島節子 訳)

    メコン圏対象の調査研究書 第26回「クメールの彫像」(J・ボワルエ著、石澤良昭・中島節子 訳) …
  4. メコン圏が登場するコミック 第17回「リトル・ロータス」(著者: 西浦キオ)

    メコン圏が登場するコミック 第17回「リトル・ロータス」(著者:西浦キオ) 「リトル・ロー…
  5. 雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん)

    論考:雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん) 中国雲南省西双…
  6. メコン圏の写真集・旅紀行・エッセイ 第19回「貴州旅情」中国貴州少数民族を訪ねて(宮城の団十郎 著)

    メコン圏の写真集・旅紀行・エッセイ 第19回「貴州旅情」中国貴州少数民族を訪ねて(宮城の団十郎 著)…
  7. メコン圏現地作家による文学 第11回「メナムの残照」(トムヤンティ 著、西野 順治郎 訳)

    メコン圏現地作家による文学 第11回「メナムの残照」(トムヤンティ 著、西野 順治郎 訳) 「…
  8. 調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)

    「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)第1章 雲南を離れてどれくらいたったか。…
  9. メコン圏を舞台とする小説 第41回「インドラネット」(桐野夏生 著)

    メコン圏を舞台とする小説 第41回「インドラネット」(桐野夏生 著) 「インドラネット」(桐野…
  10. メコン圏に関する中国語書籍 第4回「腾冲史话」(谢 本书 著,云南人民出版社)

    メコン圏に関する中国語書籍 第4回「腾冲史话」(谢 本书 著,云南人民出版社 ) 云南名城史话…
ページ上部へ戻る