コラム(江口久雄さん)「メコン仙人だより」第68話 「麻羅と安羅人」

安羅の街はもと弁辰十二国の安邪で、タミル語のアンジャル(旅人の宿舎)に由来するもの?

コラム(江口久雄さん)「メコン仙人だより」
第68話 「麻羅と安羅人」

『古事記伝』を書いた本居宣長は、天津麻羅を鍛人すなわち製鉄技術者の通名であると解釈しています。麻羅の「羅」はラと読まれますが、古代においてはしばしばロやルと交替する音だといわれています。ですからマラはマロのことで「アマツマロ」(天の男)と読んだように思われます。この男子の美称のマロ(麻呂)は李寧煕によれば韓国語の古語のマラ(頭)に由来すると言います。すると「アマツマラ」のままで「天の頭」となります。ともあれ、両人とも「魔羅」とは読んでいません。天津麻羅は男で、また「頭」をさす言葉です。すなわち安羅の鍛人が大刀の「環頭」と詩的に呼ばれたことにつながりますね。

『古事記』では、鍛人(かぬち)天津麻羅を求(ま)ぎて、と述べており、よそから技術者を招いたことが強調されていますが、そこで『日本書紀』に見える天糠戸者(アマノアラトノカミ)が生きてくるのです。糠戸者をアラトノカミと読んでいますが、漢字の表現は「者」であり人間あつかいです。ですからこの名前の主要な部分は天糠戸(アマノアラト)で、アラトとは安羅人すなわち高い文化の中心地だった安羅の人を意味するもので、海域国家を造っていた海人族は、安羅にいた製鉄技術者を招いたことになると読めるのではないでしょうか。マラ(Malar)は大刀のきらびやかな環頭を意味する言葉で、崑崙船が舶載してきた環頭大刀の象徴とされたものではなかったでしょうか。安羅から来た製鉄技術者を天津麻羅(天の環頭)と詩的な表現で歌ったものと考えてはどうでしょう。「アマツマラ」と「アマノアラト」の違いに、僕は歌われるものとしての『古事記』と、記録文書としての『日本書紀』の性格の違いを見るのですが。

ところで金山神社という名の神社が各地にあり、魔羅(男根)をご神体にしているところが少なくありません。高橋鉄は『古語拾遺』に天津麻羅のまたの名を天目一箇命(アメノマヒトツノミコト)と記してあるのを引いて、尿道口を一個の目とみなせばこれは魔羅(男根)になると主張しました。しかしアメノマヒトツノミコトという言葉の形は不自然なところがあります。『古事記』ではイザナギ・イザナミが島々を生みますが、そのなかに壱岐のまたの名として天比登津柱(アメヒトツハシラ)、また女島のまたの名として天一根(アメヒトツネ)という言葉が見えます。それら二つの島の別名は「アメヒトツ+名詞」という構造で、これを仮に古い型とするならば、アメノマヒトツという言葉は古い型に合いません。古い型で言うならばアメヒトツ+ハシラ、アメヒトツ+ネのようにアメヒトツ+マとならなければなりません。不自然と言ったのはこのことで、アメノマヒトツという言葉は後代の創作でしょう。ながく秘本とされた『古事記』に使われている「アメヒトツ+名詞」という古い型を知らない俗人が麻羅=魔羅の先入観によって作ったアメノマヒトツという言葉が、たまたま『古語拾遺』に捕捉されるほどポピュラーになっただけのものかと思います。神社のご神体にしてもその延長にすぎないものでしょう。どうもわれわれ日本人はマラとかホトという言葉を見ると理性を失ってしまう傾向があるようですね。

さて安羅の街はもと弁辰十二国の安邪です。これは俗にアヤと読まれていますが漢音でアンジャと読むべきでしょう。タミル語のアンジャル(旅人の宿舎)に由来するもので、六伽耶連合が成立したときから文化が高く歓楽街もあり、華僑が往来しインド人も来るといった華やかな街だったのでしょう。五世紀はじめの高句麗の広開土王の石碑には「安羅人」という言葉が出ていますから、漢が滅んで三国時代となり、その後、南北朝時代となる三~四世紀の間に、新羅をはじめ韓の地の各国に「羅」の字が流行して安羅という表記ができたもののようです。そしてモン人がラングンと呼んだ街をビルマ人がヤンゴンと訛って呼んだように、華僑はアラの街をアヤと呼んだものでしょう。記紀に見えるアラコ、アヤヒトはみな安羅人のことです。さらに言えば新潟県の一部に伝わる「綾子踊」もそれで、踊り手の衣装は古代の安羅人の服装を伝えるものではないでしょうか。

関連記事

リニューアル公開への準備作業中

2023年2月下旬のリニューアル公開に向け、サイト再構成の準備作業中です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 石寨山古墓群遺跡

    2002年3月掲載 雲南古代の滇王国とその青銅器文化の存在を2千年以上の時を経て実証した王墓群発見…
  2. メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」(伴野 朗 著)

    メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」 「九頭の龍」 著書:伴野 朗  徳間文庫、199…
  3. メコン圏を描く海外翻訳小説 第16回「おとなしいアメリカ人」(グレアム・グリーン著、田中西二郎 訳)

    アメリカの対アジア政策を批判したものと受けとめられ世界的に話題となった、第1次インドシナ戦争中の…
  4. 馬 登雲

    2001年9月掲載 昆明の回族出身の革命活動家。1927年に共産党に入党し19歳で刑死  (191…
  5. コラム(江口久雄さん)「メコン仙人たより」 第12話 「倭国の遣使」

    コラム(江口久雄さん)「メコン仙人だより」 第12話 「倭国の遣使」 〈前漢末期、倭の百余国によ…
  6. 調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)

    「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)第1章 雲南を離れてどれくらいたったか。…
  7. バー・モウ

    2000年10月掲載 ビルマ民族運動の先駆的指導者で、元ビルマ国家元首 バー・モウ 1893年~…
  8. 雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん)

    論考:雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん) 中国雲南省西双…
ページ上部へ戻る