コラム(江口久雄さん)「メコン仙人だより」第3話 「アジアの夢占い」

インド文化の影響を受ける前の原始タイ系民族の夢占いとは

コラム(江口久雄さん)「メコン仙人だより」第3話 「アジアの夢占い」

むかし、一人の旅人が山の中で野宿をしたところ、明け方に二頭の鹿がひそひそ語り合うのを聞いた。牡鹿が言うには「ゆうべ白い霜が降ってわが身をすっかりおおってしまう夢を見たのだが、どういうことだろうね。」、それにこたえて牝鹿が言うには「人に射られて死ぬということですわ。白い霜におおわれるのは、あなたの肉に白い塩がぬられるからですわ。」。はたしてその牡鹿は、旅人の見ている前で猟師に射られてしまった...。

これは『日本書紀』に見える古いはなしです。むかしの日本人の生活感覚では山の動物はずいぶん身近なものだったのですねえ。このはなしから「鳴く鹿でもないのに、夢の相のままになった」というコトワザができたそうです。仁徳天皇のころの話。

私はタイのバンコクに暮らしています。タイ人たちは、同じ稲作民族・同じ仏教徒などという点から、折りにふれてはいろいろ日本人と比較されることが多いのですが、夢占いはどうか、と考えてみました。

タイ人たちは夢占いが三度のメシよりも好き。会社のオーナーから市場の露店のオバサンまで、老若男女みな一家言の持ち主です。とはいっても、彼らの夢占いのタネはたいてい市販されている各種の夢占いのテキストから拾ってきたものですがね。書店にならんだ夢占いのテキストをとりあげて、最初のページを開けば、「夢は近々起こる良いこと・悪いことを事前に知らせてくれます」という文句で前書きが始まり、夢占いの意義はじつに明快。『日本書紀』に見られる古代の日本人と、現代のタイ人の間には一点の違和感も見られないのです。

夢の中に蛇が出てくると恋人に出会う、血を見ればおかねが入る、指輪の夢は子供がさずかるしるし、わあわあ大泣きした夢を見ると失せ物がでてくる...どうです、生活の匂いがたちのぼってくるでしょう。タイの国はインドシナ半島のほぼ中央にあるところから、名前のとおりインドと中国の文化的な影響をつよく受けています。もちろん、夢占いも例外ではありません。

たとえば火曜日に見る夢は父母の身に起こることを知らせるもので、恋人やつれあいの身に起こることは水曜日の夢、タイの夢占いを支える膨大な数の会社員・工員たちにとって見逃せないのは上司の身に起こることを知らせてくれる木曜日の夢、そして自分の身に起こることは、...土曜日の夢が知らせてくれます。七つの星を配列して1週間にしたのはバビロニア天文学の発明ですが、その本流ははるかむかしにインドに入り、末端の水脈が現代のタイの夢占いの一派に通じています。まさに「歴史とは現在である」と言いたくなりませんか。

インド文化の影響を受ける前のタイの夢占いの源流を知りたい、と思いました。おあつらえむきに、中国の雲南省の西の隅からビルマのカチン州を通過して、近代になってインドのアッサムの北の隅に移住してきた、原初のままに近いタイの生活文化をのこすタイ系の山岳民族がいました。彼らの生活文化を調査したインドの民俗学者の報告には、...夢占いのスペースがちゃーんと割かれていましたねえ。

彼らタイ系のファーケー族の夢占いによれば、夢の中で牛乳を飲むとまわりの人々の間で評判が良くなる、酒を飲むと精神的なストレスが増える、夢の中で蛇を捕らえれば敵の力から自由になり、フクロウの鳴き声を聞くと重い病気におそわれる...どうです、『日本書紀』の世界にかぎりなく近い素朴な生活感覚が感じられませんか。

タイ人たちの間では「おなかいっぱい食べて、よい夢を見る」ことがなによりの幸福とされています。夢もまた生活の重要な一部なのですねえ。夢占いのさかんなアジアの文化の底流には、このような根強い価値観が古代から受け継がれ、現代に生きているのです。  〈2000年3月下旬号掲載〉

関連記事

リニューアル公開への準備作業中

2023年2月下旬のリニューアル公開に向け、サイト再構成の準備作業中です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」(伴野 朗 著)

    メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」 「九頭の龍」 著書:伴野 朗  徳間文庫、199…
  2. 石寨山古墓群遺跡

    2002年3月掲載 雲南古代の滇王国とその青銅器文化の存在を2千年以上の時を経て実証した王墓群発見…
  3. バー・モウ

    2000年10月掲載 ビルマ民族運動の先駆的指導者で、元ビルマ国家元首 バー・モウ 1893年~…
  4. コラム(江口久雄さん)「メコン仙人たより」 第12話 「倭国の遣使」

    コラム(江口久雄さん)「メコン仙人だより」 第12話 「倭国の遣使」 〈前漢末期、倭の百余国によ…
  5. 雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん)

    論考:雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん) 中国雲南省西双…
  6. 調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)

    「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)第1章 雲南を離れてどれくらいたったか。…
  7. 馬 登雲

    2001年9月掲載 昆明の回族出身の革命活動家。1927年に共産党に入党し19歳で刑死  (191…
  8. メコン圏を描く海外翻訳小説 第16回「おとなしいアメリカ人」(グレアム・グリーン著、田中西二郎 訳)

    アメリカの対アジア政策を批判したものと受けとめられ世界的に話題となった、第1次インドシナ戦争中の…
ページ上部へ戻る