メコン悠々 源流から河口まで ⑫

2001年3月号掲載

写真・文:青柳健二さん

ベトナム・メコンデルタ(2)

メコンデルタで、メコンは「クーロン(九龍)」と呼ばれる。河口が9つの流れに分かれているからだ。実際は8つだが、ベトナムで縁起のいい数字「9」にしたという説もある。いずれにせよ、川や運河などの水路が入り組んで、本当の数が分からないほどだ。チベット高原から大河メコンとともに続けてきた旅も、南シナ海に出てフィナーレを迎える。

カントー郊外フーンヒェップの運河で開かれる水上マーケット

カント−の夕方。仕事帰りの人たちが、渡し船で対岸へ向かう

網の目のように走っているミトー近郊の運河

メコン河口で漁をしている男。遠くに見えるのは、南シナ海

関連記事

おすすめ記事

  1. 第11回 サンクラブリー

    写真・文:泉裕さん 国境の街サンクラブリーはKHAOLAEMDAMの湖を中心として栄えた多民族が暮…
  2. 第1回「メラ、メラマーのカレン難民(1)」

    写真・文:泉裕さん [caption id="attachment_803" align="a…
  3. 石寨山古墓群遺跡

    2002年3月掲載 雲南古代の滇王国とその青銅器文化の存在を2千年以上の時を経て実証した王墓群発見…
ページ上部へ戻る