2001年11月号

写真・文:後藤修身さん

時々、風景の中に『何か』を感じるときがある。
元々、風景はただ存在するだけのものではなく、人が風景を作り発見するものだ。私が感じた『何か』は私の単なる幻想かもしれないし、そこに住む人たちの思いが作り出したものかもしれない。ミャンマーにはこの『何か』が多いことだけは確かなことだ。

スコール後のヤンゴン。夕暮れ空に虹がかかった。
ヤンゴンにて

夕日に浮かんだ少年僧。車窓からの一瞬の出会いであった。マンダレーにて

パゴダの上で日が暮れた。下では僧侶がゆっくりと歩いていた。バガンにて

草原に不思議なパゴダ。子供達の遊び場もそろそろ時間だ。ミッチェにて

光がきれいな日だった。小さな花壇にもその光が届いていた。ミッチーナにて

裸電球の街灯。少年だった日を思い出した。インドージ湖のロンドン村

関連記事

おすすめ記事

  1. 第11回 サンクラブリー

    写真・文:泉裕さん 国境の街サンクラブリーはKHAOLAEMDAMの湖を中心として栄えた多民族が暮…
  2. 第1回「メラ、メラマーのカレン難民(1)」

    写真・文:泉裕さん [caption id="attachment_803" align="a…
  3. 石寨山古墓群遺跡

    2002年3月掲載 雲南古代の滇王国とその青銅器文化の存在を2千年以上の時を経て実証した王墓群発見…
ページ上部へ戻る