ノンカイ=ヴィエンチャン間鉄道事業

2000年1月掲載

交通インフラ事業プロジェクト

《概要》
タイ=ラオス友好橋に沿って、ノンカイ=ヴィエンチャン間に鉄道を建設し、民活事業で運営しようと言うプロジェクト。将来は雲南省からタイ湾までを結ぶことを計画していた。

《経緯》
■1994年5月
タイ=ラオス両国間で、友好橋に沿って30キロの鉄道建設のアイデアに原則合意。最初の鉄道リンクの建設コストは9億バーツの見込み

■1994年6月3日
英国政府とタイ・Sahaviriya OA社の子会社であるPacific Transportation Co.,Ltd.(Mr.Jack M.C.Hu-President)間で協議書締結。英国政府がF/S(経済面・環境面)の約4割を支援するというもの。F/Sコストは約20百万バーツの見込みで残りは民間2社で折半負担
British Minister for Trade Richard Needham氏が立会い。同時にSahaviriya OA Holding Co.,Ltd.とBalfour Beatty Ltd(英国)(Lain Thomas社長)間で、タイと近隣諸国でのインフラプロジェクト建設に関するMOUを締結。
英国のEngineering Consultants WS Atkins InternationalLtd.とTransmark CompanyがF/S担当予定

■1996年2月16日
バンコクにおいて両国間で協力アグリーメントが締結された。プロジェクト推進には、更に、両国政府の正式承認が必要。

■1999年2月7日
Pacific Transportation社とラオス政府との合弁会社であるLao Railway Transportation Corp (資本金は16百万USドル。LRT 75%:ラオス政府25%)は、1998年にラオス政府からラオス国内での鉄道ネットワークを建設する事業免許を取得(オペレーション期間は30年間)

■1999年4月
パシフィック・トランスポーテション社は、1999年半ばにも、ノンカイ=ビエンチャンを結ぶ鉄道路線の建設工事に入る予定と発表。最初に建設されるのは、14キロの区間で、総工費は12億バーツに上るといわれる。
中国あるいはイタリアの会社を選定して鉄道を建設予定

■1999年8月
両国政府は、両国を結ぶ初の鉄道建設事業を一時中止することに同意。経済危機による財源不足と、鉄道建設予定地でホテルなどの事業需要が減少したことが主因とPacific Transportation社は説明。

●タイ=ラオス友好橋
タイとラオスを結ぶメコン河に架かる橋。ノンカイとヴィエンチャンをつなぐ。1989年オーストラリア政府が無償供与を決定。工事は19991年11月に着工し、1994年4月8日に完成し開通式が行われた。

関連記事

リニューアル公開への準備作業中

2023年2月下旬のリニューアル公開に向け、サイト再構成の準備作業中です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. メコン圏を描く海外翻訳小説 第16回「おとなしいアメリカ人」(グレアム・グリーン著、田中西二郎 訳)

    アメリカの対アジア政策を批判したものと受けとめられ世界的に話題となった、第1次インドシナ戦争中の…
  2. メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」(伴野 朗 著)

    メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」 「九頭の龍」 著書:伴野 朗  徳間文庫、199…
  3. コラム(江口久雄さん)「メコン仙人たより」 第12話 「倭国の遣使」

    コラム(江口久雄さん)「メコン仙人だより」 第12話 「倭国の遣使」 〈前漢末期、倭の百余国によ…
  4. 馬 登雲

    2001年9月掲載 昆明の回族出身の革命活動家。1927年に共産党に入党し19歳で刑死  (191…
  5. バー・モウ

    2000年10月掲載 ビルマ民族運動の先駆的指導者で、元ビルマ国家元首 バー・モウ 1893年~…
  6. 調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)

    「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)第1章 雲南を離れてどれくらいたったか。…
  7. 石寨山古墓群遺跡

    2002年3月掲載 雲南古代の滇王国とその青銅器文化の存在を2千年以上の時を経て実証した王墓群発見…
  8. 雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん)

    論考:雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん) 中国雲南省西双…
ページ上部へ戻る