調査紀行メモ 書籍「海のシルクロード」調査取材協力 南タイの旅 ①チャイヤー(タイ・スラータニー県)
南タイの旅 ~写真家・大村次郷 氏の取材撮影に同行~

清水英明(文・写真)1999年7月 調査紀行

集英社の企画”写真家・大村次郷のアジアをゆくシリーズ”の中の『海のシルクロード』について、大村次郷氏が、タイ南部を取材撮影するにあたり、知人の紹介で、私が通訳も兼ねて取材撮影協力を行うことになり、1999年7月、タイ南部各地を大村次郷氏と旅して回った。

約10日間というスケジュールで、マレー半島を舞台にかつて展開された「海のシルクロード」のドラマの跡を辿ろうということだったが、事前の準備や打ち合わせの時間もなく、行き当たりばったりで旅の企画を考え、事前アポなどないまま取材撮影の旅を行うことになったが、精力的で博識の大村次郷氏との旅は、とても有意義なものであった。

 尚、この時の取材撮影が反映された書籍『海のシルクロード 中国・泉州からイスタンブールまで』は、2000年6月、集英社から刊行された。

巨石に刻まれた古代文字を撮影する大村次郷氏。写真左に写っている人は、バンコクで雇用したタイ人運転手(偶然ながら、歴史に興味を持つ人で積極的に取材撮影に協力してくれた)

第1回 スラータニー県チャイヤー

バンコクを早朝、車で出発し、タイ湾沿いに国道4号線を一路南下。チュムポン県で国道4号線は、アンダマン海側を走るべく西に折れるが、ここでそのまま直進南下を続ける。ここから始まる国道41号線を南下し、夕方にスラータニー県都スラータニーの町に入る前に、チャイヤー郡で東に折れチャイヤー郡の下記の見所を訪ねる。

夕方にプラボロムタートチャイヤーラーチャウォンウィハーン寺院構内にあるチャイヤー国立博物館にまず立ち寄ったが、閉館前で誰もいなかったこともあろうが、大変親切で説明をしてくれた上に近くのシュリービジャヤ王建立のヒンドゥー寺院遺構まで案内してくれた。

その後さらに東に向かい、プムリアン村を過ぎてバーンドーン湾に突き出た半島のレームポー海岸にたどり着く。1日目の夜は、県都スラータニーの町で宿泊。

■スラータニー県
・チャイヤー郡
プラボロムタートチャイヤー寺(チャイヤー郡ウィアン区)
チャイヤー国立博物館
ゲーオ寺(ラッタナーラーム寺)チャイヤー郡スメット区ワットゲーオ村
ロン寺
レームポー海岸

書籍『海のシルクロード』の25頁が、チャイヤーの海岸の頁サイズの写真掲載
写真キャプション・・・チャイヤーには8世紀のシュリービジャヤ王建立のヒンドゥー寺院遺構が残るが、その海岸の砂浜にはたくさんの中国陶磁器片が散らばる。9~10世紀の長沙銅官窯(どうかんよう)のきれいな破片も混じる。

2日目は、スラータニーの町から、ナコンシタマラートの町に向かいながら、タイ湾沿いに国道401号線を南下し続け、途中にいくつかの目的地に立ち寄る。

⇒第2回 ナコンシタマラート編に続く予定

写真下:ロン寺古代遺跡

リニューアル公開への準備作業中

2023年2月下旬のリニューアル公開に向け、サイト再構成の準備作業中です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 馬 登雲

    2001年9月掲載 昆明の回族出身の革命活動家。1927年に共産党に入党し19歳で刑死  (191…
  2. バー・モウ

    2000年10月掲載 ビルマ民族運動の先駆的指導者で、元ビルマ国家元首 バー・モウ 1893年~…
  3. コラム(江口久雄さん)「メコン仙人たより」 第12話 「倭国の遣使」

    コラム(江口久雄さん)「メコン仙人だより」 第12話 「倭国の遣使」 〈前漢末期、倭の百余国によ…
  4. メコン圏を描く海外翻訳小説 第16回「おとなしいアメリカ人」(グレアム・グリーン著、田中西二郎 訳)

    アメリカの対アジア政策を批判したものと受けとめられ世界的に話題となった、第1次インドシナ戦争中の…
  5. 調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)

    「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)第1章 雲南を離れてどれくらいたったか。…
  6. 石寨山古墓群遺跡

    2002年3月掲載 雲南古代の滇王国とその青銅器文化の存在を2千年以上の時を経て実証した王墓群発見…
  7. メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」(伴野 朗 著)

    メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」 「九頭の龍」 著書:伴野 朗  徳間文庫、199…
  8. 雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん)

    論考:雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん) 中国雲南省西双…
ページ上部へ戻る