第14信「日本の吉田町のお話」「娘のラオス語」

(2005年1月号掲載)

2005年1月13日

皆さんお元気ですか?
日本ではお正月も終わって寒さが厳しくなっているころでしょうね。
久しぶりに「ラオスからの手紙」を皆様にさしあげます。

日本の吉田町のお話

さて今回は日本の吉田町のお話です。
「吉田町ってどこですか?」

きっと日本には吉田町と名前がつく町はいっぱいあるでしょうね。
今回の「ラオスからの手紙」でとりあげる「吉田町」とは埼玉の吉田町、埼玉県秩父郡吉田町です。ここはラオスのロケット祭りに似ている「龍勢」という火薬ロケットを打ち上げるお祭りが毎年10月に行われるのです。

実は「龍勢」についてですが、以前日本に定住しているラオス難民のある方より聞いたことがありました。もう20年も前のことですか。その時はまだラオスに行ったこともなく、ロケット祭りも見たことがないのでたいして気に留めてなかったのです。

出稼ぎで日本にいる時間が長くなると、第二の故郷に残した妻子が懐かしくなります。そしてラオスのことも懐かしくなるのです。

ある日、たまたま川崎の実家にあった埼玉秩父のハイキング・ガイドブックを見ていたらこの龍勢の記事が載っていました。それが埼玉県秩父郡吉田町。なんとラオスのロケット祭りと同じようなお祭りをやっているとのこと。

小生が吉田町におもむいたのは2004年10月27日。残念なことに龍勢祭りは毎年10月10日椋神社の秋祭りの日です。つまり今年の龍勢は終わったばかり。

東京の池袋から西武線特急(アロー号だったかな)に乗って1時間ほど、西武線の秩父から秩父鉄道に乗り換えて皆野駅へ。そこから吉田町まではバスですが、田舎のバスでなかなか来ません。もったいないけどタクシーに乗って吉田町まで行きました。

吉田町には龍勢会館という龍勢の博物館があります。そこには龍勢の模型や実際に打ち上げているお祭りのビデオもあります。懐かしいですね。ここのロケットはパラシュートなどがついていてラオスのものと少し違います。28くらいの流派があるそうです。東北タイヤソトーン県のロケットの模型も展示されていました。

ラオスの展示物はないかと探したら、Tシャツがありました。ビエンチャンのロケット祭りの時にどこかのスポンサーが作ったと思われるTシャツが一枚だけ展示されていました。ないよりはましですが少し寂しくなりましたね。

埼玉以外にも静岡とか滋賀の彦根の方でもロケット祭りがあるようです。ラオスやタイのロケット祭りとどう関係あるのか、研究したら面白いでしょうね。ちなみにシェンクアンに私は2年いましたが、ロケット祭りはなかったと思います。

ということで、日本に帰ってラオスのことが恋しくなった皆さん。吉田町の龍勢を見にいきませんか。日本にいてラオスのロケットが見られるなんて。日本とラオスの文化も本当にどこかでつながっているのでしょうね。今年の10月、もし時間があれば是非、行ってみたいですね。

娘のラオス語

桜(9歳)「パパー、ユー・ボー?」
蘭(6歳)「マン・ボー・ユー」
淑珍 聞いてビックリ

上に紹介したのは我が家の娘2人のラオス語会話である。
桜ちゃんが蘭ちゃんに「お父さんいる?」と質問した。
普通は「パパ・ボー・ユー」と言って「お父さんは、いない」という意味になる。

(単語の説明)
パパ「お父さん、これは中国語、華僑の家で「お父さん」はだいたいパパになる」 ボー「否定型」 ユー「居る」

しかし蘭ちゃんが言った「マン・ボー・ユー」のマンは「これ、あれ、英語でit」という意味で「動物や嫌な奴」という感じで使う。したがってお母さんがビックリしたのだ。

他にも家族でバトミントンをしていて「お父さんとバトミントンする」はラオス語で「ティー・カップ・パパ」であるが、蘭ちゃんは間違えて「ティー・パパ」と言ったりして、この子のラオス語は笑わせる。カップは日本語の助詞(と)にあたる、したがって「お父さんとバトミントンする」という意味ではカップをいれないといけない。いれないで「ティー・パパ」と言うと「お父さんを叩く」という意味になる。「ティー」は「叩く」という意味であるがテニスやバトミントンをする場合は、ラオス語でこの動詞を使うのである。「お父さんとバトミントンする」のが「お父さんを叩く」ではパパのほうもたまったものではない。

このようにラオスの子供も間違えたり失敗しながらラオス語を覚えていくのである。というわけで、大人になって覚えた日本人のラオス語もいっぱい間違いがあるのだろう。

それでは皆さん
お元気で。

ラオスより愛をこめて
桜ちゃんのパパでした。

(C)村山明雄 2002- All rights reserved.

村山明雄さん(むらやま・あきお)
(桜ちゃんのパパ、ラオス華僑と結婚した日本人)
シェンクアン県ポンサワンで、地下水開発エンジニアとして、国連関連の仕事に従事。<連載開始時>
奥さんが、ラオス生まれの客家とベトナム人のハーフ
地下水開発エンジニア (電気探査・地表踏査・ 揚水試験・電気検層・ 水質検査)
ラオス語通訳・翻訳、 エッセイスト、経済コンサルタント、エスペランティスト、無形文化財上総掘り井戸掘り師
著作「楽しくて為になるラオス語」サクラ出版、翻訳「おいしい水の探求」小島貞男著、「新水質の常識」小島貞男著

関連記事

リニューアル公開への準備作業中

2023年2月下旬のリニューアル公開に向け、サイト再構成の準備作業中です。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. バー・モウ

    2000年10月掲載 ビルマ民族運動の先駆的指導者で、元ビルマ国家元首 バー・モウ 1893年~…
  2. メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」(伴野 朗 著)

    メコン圏を舞台とする小説 第1回「九頭の龍」 「九頭の龍」 著書:伴野 朗  徳間文庫、199…
  3. 馬 登雲

    2001年9月掲載 昆明の回族出身の革命活動家。1927年に共産党に入党し19歳で刑死  (191…
  4. 調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)

    「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)第1章 雲南を離れてどれくらいたったか。…
  5. 雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん)

    論考:雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん) 中国雲南省西双…
  6. コラム(江口久雄さん)「メコン仙人たより」 第12話 「倭国の遣使」

    コラム(江口久雄さん)「メコン仙人だより」 第12話 「倭国の遣使」 〈前漢末期、倭の百余国によ…
  7. 石寨山古墓群遺跡

    2002年3月掲載 雲南古代の滇王国とその青銅器文化の存在を2千年以上の時を経て実証した王墓群発見…
  8. メコン圏を描く海外翻訳小説 第16回「おとなしいアメリカ人」(グレアム・グリーン著、田中西二郎 訳)

    アメリカの対アジア政策を批判したものと受けとめられ世界的に話題となった、第1次インドシナ戦争中の…
ページ上部へ戻る