メコン悠々 源流から河口まで ⑦

2000年6月上旬号掲載

写真・文:青柳健二さん

ラオス北部・中部

メコン河は北部ラオスの内陸に入っていく。ルアンパバーンは、かつてランサーン王国の首都でもあった歴史的な静かな町。メコンがふたたびタイ・ラオス両国の国境になったところに、ラオスの首都ビエンチャンがあり、対岸タイのノンカイと橋でつながり、交流が活発になっている。

ビエンチャンの夕暮れ。乾季のメコン河で魚をとる

ルアンパバーンの少女

ビエンチャンの雨季のメコン河

関連記事

おすすめ記事

  1. 第11回 サンクラブリー

    写真・文:泉裕さん 国境の街サンクラブリーはKHAOLAEMDAMの湖を中心として栄えた多民族が暮…
  2. 第1回「メラ、メラマーのカレン難民(1)」

    写真・文:泉裕さん [caption id="attachment_803" align="a…
  3. 石寨山古墓群遺跡

    2002年3月掲載 雲南古代の滇王国とその青銅器文化の存在を2千年以上の時を経て実証した王墓群発見…
ページ上部へ戻る