第1回「メラ、メラマーのカレン難民(1)」

写真・文:泉裕さん

2000年4月上旬、新たに起きた戦闘により約3,600人の避難民がでる。
メラの周辺に新たに出来た難民キャンプで(2000年4月10日撮影)

子供達は自分の置かれている状況がわかっているのだろうか? 
メラの周辺に新たに出来た難民キャンプで(2000年4月10日撮影)

屋根がビニールシートの所もある。
メラの周辺に新たに出来た難民キャンプで(2000年4月10日撮影)

4月13日のビルマ軍の砲撃から避難したカレン人が、一つの家の中で100人近くの人が一緒に寝る。 
メラマの一時避難場所で(2000年4月15日撮影)

避難民の子供が幼児の面倒を見ていた。
メラマの一時避難場所で(2000年4月15日撮影)

避難所での食料もまだ充分ではない。
メラマの一時避難場所で(2000年4月15日撮影)

避難所は、人と物が押し込まれている。
メラマの一時避難場所で(2000年4月15日撮影)

関連記事

おすすめ記事

  1. 第11回 サンクラブリー

    写真・文:泉裕さん 国境の街サンクラブリーはKHAOLAEMDAMの湖を中心として栄えた多民族が暮…
  2. 第1回「メラ、メラマーのカレン難民(1)」

    写真・文:泉裕さん [caption id="attachment_803" align="a…
  3. 石寨山古墓群遺跡

    2002年3月掲載 雲南古代の滇王国とその青銅器文化の存在を2千年以上の時を経て実証した王墓群発見…
ページ上部へ戻る