「ラオスの旅」to Know Lao(川口正志さん)第1回「旅人 – Lao traveler」」

「ラオスの旅」to Know Lao (川口正志) 第1回「旅人 – Lao traveler」

僕はとにかく行った事がない町を目指した。 地図を頼りに時には舟に乗り、赤土の道をトラックに揺られ。 ただそうして何時間もかけて辿り着いた町に何か特別なものがあるという事は無かった。 そこにはある意味見飽きたいつものラオスの風景とのんびりとしたラオスの生活があるだけだった。

(文・写真:川口正志)「ラオス全土の旅」(めこん、2016年3月発行】著者。本書&著者紹介
(C)川口正志、2023

ラオスの移動でトラブルはつきものだ。パンク、エンジン故障、事故、スタック。まあいつかは着くのだろう。僕はそう思うことにした。

国境、それは特別なものという認識は思い過ごしだったのかもしれない。 自転車を借りてむかった中国との国境へ続く道は延々とこんな風景が続いていたんだ。

どうしてこんなところに住もうと思ったんだろう。バスの窓から見えた尾根の上に広がる集落では筍を売っていた。

大人でも辛いラオスのバス。子供の目には何が写っていたのだろう。

ビエンチャンへと向かう船が小さな集落の岸に着くと村の大人たちに混じって子供たちも船を見にやってきた。カメラを向けると一度は恥ずかしがって逃げたのだが、しばらくすると戻って来てポーズをとった。

造りかけのゲストハウスの屋上で突然始まった旅行者同士のセッション。 曲はビートルズのブラックバード。 ラオスの風景をバックにとても贅沢な時を過ごした。「隣に座ってもいい?」そう言って彼女は僕の横に座った。 タイとの国境へと向かうバス。 今日、僕のラオスの旅は終わる。

関連記事

おすすめ記事

  1. メコン圏が登場するコミック 第17回「リトル・ロータス」(著者: 西浦キオ)

    メコン圏が登場するコミック 第17回「リトル・ロータス」(著者:西浦キオ) 「リトル・ロー…
  2. メコン圏題材のノンフィクション・ルポルタージュ 第24回 「激動の河・メコン」(NHK取材班 著)

    メコン圏題材のノンフィクション・ルポルタージュ 第24回 「激動の河・メコン」(NHK取材班 著) …
  3. メコン圏を描く海外翻訳小説 第15回「アップ・カントリー 兵士の帰還」(上・下)(ネルソン・デミル 著、白石 朗 訳)

    メコン圏を描く海外翻訳小説 第15回「アップ・カントリー 兵士の帰還」(ネルソン・デミル 著、白石 …
  4. 雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん)

    論考:雲南省・西双版納 タイ・ルー族のナーガ(龍)の”色と形” ①(岡崎信雄さん) 中国雲南省西双…
  5. メコン圏を舞台とする小説 第41回「インドラネット」(桐野夏生 著)

    メコン圏を舞台とする小説 第41回「インドラネット」(桐野夏生 著) 「インドラネット」(桐野…
  6. メコン圏に関する中国語書籍 第4回「腾冲史话」(谢 本书 著,云南人民出版社)

    メコン圏に関する中国語書籍 第4回「腾冲史话」(谢 本书 著,云南人民出版社 ) 云南名城史话…
  7. メコン圏の写真集・旅紀行・エッセイ 第19回「貴州旅情」中国貴州少数民族を訪ねて(宮城の団十郎 著)

    メコン圏の写真集・旅紀行・エッセイ 第19回「貴州旅情」中国貴州少数民族を訪ねて(宮城の団十郎 著)…
  8. メコン圏対象の調査研究書 第26回「クメールの彫像」(J・ボワルエ著、石澤良昭・中島節子 訳)

    メコン圏対象の調査研究書 第26回「クメールの彫像」(J・ボワルエ著、石澤良昭・中島節子 訳) …
  9. 調査探求記「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)

    「ひょうたん笛の”古調”を追い求めて」①(伊藤悟)第1章 雲南を離れてどれくらいたったか。…
  10. メコン圏現地作家による文学 第11回「メナムの残照」(トムヤンティ 著、西野 順治郎 訳)

    メコン圏現地作家による文学 第11回「メナムの残照」(トムヤンティ 著、西野 順治郎 訳) 「…
ページ上部へ戻る