2000年1月上旬号掲載

写真・文:青柳健二さん

メコンの源流  チベット高原(中国・青海省)

メコンの源流は、中国・青海省の省都、西寧から車で5日南下し、雑多の町から馬に乗り換えて2日かかるチベット高原にあった。現地の人たちの信じるメコンの「源流」は、龍神が守っている「泉」だったが、「泉」と呼ぶには貧弱な水たまりにしか見えなかった。しかしここだけは1年中水が枯れず、人間と家畜の貴重な水場になるんだというチベット人の話を聞いて、なるほどと納得したのだった。

メコン河の源流部分は、チベット語で「ザチュ」と呼ぶ川である

源流から約20km下ったところの莫雲付近のメコン河

メコン源流でヤクの放牧をするチベット族

標高4000m以上の草原には、チベット族の牧畜民が暮す

関連記事

おすすめ記事

  1. 第11回 サンクラブリー

    写真・文:泉裕さん 国境の街サンクラブリーはKHAOLAEMDAMの湖を中心として栄えた多民族が暮…
  2. 第1回「メラ、メラマーのカレン難民(1)」

    写真・文:泉裕さん [caption id="attachment_803" align="a…
  3. 石寨山古墓群遺跡

    2002年3月掲載 雲南古代の滇王国とその青銅器文化の存在を2千年以上の時を経て実証した王墓群発見…
ページ上部へ戻る