2000年7月号掲載

写真・文:青柳健二さん

ラオス南部

メコン南部の「4千の島」と呼ばれるメコンの中洲で最大のものは、コーン島で、そこからさらにカンボジア国境まで南下すると、メコンの滝がある。最大のコーンパペーンの滝、精霊が棲むというリーピーの滝など。かつてフランス植民地時代にメコンを遡って雲南までの通商路を開こうとしたが、これらの滝で断念したという。

メコン本流では最大の「コーンパペーン」の滝

コーン島の夕暮れ。メコンから水を汲む娘

パクセの市場で唐辛子を売る女

サバナケットで見かけた移動遊園地の観覧車

関連記事

おすすめ記事

  1. 第11回 サンクラブリー

    写真・文:泉裕さん 国境の街サンクラブリーはKHAOLAEMDAMの湖を中心として栄えた多民族が暮…
  2. 第1回「メラ、メラマーのカレン難民(1)」

    写真・文:泉裕さん [caption id="attachment_803" align="a…
  3. 石寨山古墓群遺跡

    2002年3月掲載 雲南古代の滇王国とその青銅器文化の存在を2千年以上の時を経て実証した王墓群発見…
ページ上部へ戻る